「君主」ユ・スンホ、生命の危機に瀕する

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ユ・スンホは生きていた。

昨日(29日) 韓国で放送されたMBC「君主」では、イ・ソン(ユ・スンホ) の生存が描かれた。

三つの毒薬を飲んで意識不明状態で捨てられたイ・ソンが、いよいよ目を覚ました。イ・ソンはなかなか元気を取り戻せなかったが、同じく辺首会のせいで被害を被った子供が彼を看護していた。

イ・ソンが再び目を覚ました時、子供はすでに亡くなっていた。イ・ソンは子供を抱きしめながら涙を流した。

一方、すでに宮はテモク(ホ・ジュノ) に支配されていた。大妃(キム・ソンギョン) が幽閉された中、彼女の味方たちも辺首会に吸収された。