Rettyグルメニュース

写真拡大 (全2枚)

 

こんにちは、ミトミえもん(@mitomi_emon)です。

年間730軒以上の外食、新規開拓店へ600軒ほど訪問しているグルメオタクです。その副産物として、「一万回接待した男『ミトミえもん』の食べ歩きブログ」というグルメブログを執筆しております。「一万回接待した男」なんて豪語してしまったので、会社の後輩くん達が接待の悩みを相談しにやってくることもしばしば。そして、今日も迷える1人の後輩くんが僕のもとへ……。

 

‐‐助けて!ミトミえもーん。

いい加減、「さん」をつけなさいよ、後輩くん。今回はいったいどんな悩みなの?

‐‐出張先で接待なのですが、どういう風にお店を探したらいいですか?

お、ついに後輩くんもお客さんと出張ですか。昔は出張先でも端にいて、何もしゃべらなかったのに…先輩は感慨深いです。

え、なになに。同行する上司に店を探しとけって指示されただけ?やっぱりそういうことでしたか…。それで、どうしようと思っていたのですか?

地元の有名店は避ける!

‐‐とりあえず有名店をとっとけばいいかなぁなんて?

これは得意先の好みもあるので慎重な課題ですね。お得意先がミーハーな方ならもう悩む必要はないでしょう。ただ、いわゆる有名店って観光客向けのお店が多くて、地元の人が一切行かないってパターンがあるんですよ。下手をしたら全国に2号店、3号店があったりして……なんてこともあります。え、東京でも食べられたじゃん!みたいな。

理想は、地元で人気のお店をリサーチすることです。「このお店は、インターネットの口コミが低いんですけど、地元の人に人気なんです!」とか言ってみてください。喜んでもらえるのは確実です。ちなみに、地元の名産品は知っていたほうがいいです。会話の1つになりますから。

リサーチは一人寿司がおススメ!!

‐‐でも、どうやって地元の人が通うお店を探すんですか?

インターネットの口コミを探すしか方法がない?まぁ、そういう方法もありますね。ただ、知らない街で知らない人達の情報だけだと不安ではありませんか?前のりなどで探す時間がある場合にはこんな方法があります。

ズバリ、カウンターのある寿司屋に行きましょう!一人で寿司屋に行ったことがないから怖い?なおさらチャンスです。不安そうな顔で行ってみてください。絶対に大将が話しかけてくれますから。それこそがチャンス。

その土地のことをわかっている人の情報に勝るものはないですし、それが美味しい料理を作る料理人なら信頼性は尚更です。美味しいお店、〆のご飯、はたまた夜のお店の情報なんてのも!?全部聞き出してしまいなさいな。

リサーチ時間がないなら?

‐‐でも一人寿司は嫌だなぁ。時間もないし。

どこまでも楽をすることを覚えてしまったんですね。先輩の顔が見てみたいです。

他には、タクシーの運転手さんも有益な情報を持っています。彼らは観光客と地元の人の両方が通う店を知ってますから。他には車のナンバープレートを見るなんて技も。レンタカーの「わ」ナンバーが多い店は観光客店ですから避けたほうが無難かもしれません。

‐‐じゃあ、出身の人を見つければいいんだ!

君の「じゃあ」はどこにかかってるんですか?全然話を聞いてないですね。ちなみに、出身の人に聞くのはあまり効果がないことが多いです。例えば、18歳で東京に出てきましたって方は、当時お酒を飲む店は知らないですからね。 

‐‐先輩、そのスーツケースなんですか?

これから福岡に出張ですよ。え?君も福岡なんですか?先輩の行くお店と同じとこへ行くんで教えてくださいって?やはり君は向上心がないですね。今回は自分で探してみてください。しかも同じ店で接待してたら気まずいでしょうが……。

 

ミトミえもんのイチオシ店

[画像引用元:https://retty.me/area/PRE40/ARE123/SUB12302/100000684513/24729462/]

福岡県・赤坂にある「タンテール富士」は、文字通り、こだわりの"タン"と"テール"を提供するお店。

二ヶ月も熟成したタンは、タン本来が持つ旨味が熟成によって引き出されており、タン先からタン元まで丸ごと味わえます。

カリカリ焼き上げられた国産黒毛和牛のテールは、驚くほどやわらかくジューシー。「テールスープ餃子」もぜひ頼んでほしい逸品です。

 

https://retty.me/area/PRE40/ARE123/SUB12302/100000684513/

 

ライター紹介

ミトミえもん

広告代理店勤務。年間の外食回数730回、うち600軒は新規のお店に来訪。モットーは、「美味しいもののためなら、地方から世界の果てまで、S級からC級まで」。一万回接待した男「ミトミえもん」の食べ歩きブログで、おいしい情報を発信中。 ・ミトミえもんのブログ ・ミトミえもんのInstagram