東京タワーの前でTTポーズを取るTWICE(JYPエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全2枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国でヒット曲を連発中の9人組ガールズグループ、TWICE(トゥワイス)が28日、日本デビューアルバムをリリースし、本格的な活動を始めた。

 所属事務所のJYPエンターテインメントは、東京タワーが29日、TWICEの日本デビューを記念して代表曲「TT」を示すイルミネーションを大展望台にともしたと明らかにした。
 東京タワーがアーティストとのコラボレーションを通じて大展望台に文字を点灯させるのは、今回が初めて。点灯は30日午後7時から7月1日午前0時にかけても行われる。
 JYPは「デビュー前にTWICEの日本での知名度を高めたヒット曲『TT』と、東京タワーのイニシャル『TT』が同じだという共通点がある」とし、「共にブームを起こそうという趣旨でコラボが実現した」と説明した。

 TWICEは29日午後、東京タワーで行われた「TT」点灯式に出席した。
 日没時間に合わせて現場を訪れたメンバーは、「日本がTWICEに贈るプレゼントだ」とする司会者のコメントに続き、カウントダウンとともに「TT」が点灯する瞬間を見守った。
 メンバーは「このような意味のある大きなプレゼントをいただき、感謝する」とし、「東京タワーのように輝くグループになるために努力する」と喜びを伝えた。
 28日にリリースされたTWICEの日本デビューベストアルバム「#TWICE」は初日に4万6871枚を売り上げてオリコンデイリーCDアルバムランキング2位を記録し、2日目にも2万7524枚を売り上げて2位の座を守った。
 TWICEは30日にテレビ朝日の人気音楽番組「ミュージックステーション」でステージに立つ。韓国の女性アーティストとしては2015年12月のBoA、Kポップ女性グループとしては12年6月の少女時代に続いての出演となる。
 3人の日本人メンバー(サナ、モモ、ミナ)が所属しているTWICEは、7月2日に東京体育館で単独公演を開催する。
ynhrm@yna.co.kr