Image: George Frey/Getty Images News/ゲッティイメージズ


炎上からの復活! フェ、フェニックス!

昨年Samsung(サムスン)はGalaxy Note 7の発火事件を機に、世界中で文字どおり「大炎上」を引き起こしてしまったわけですが、それでもNote 7には一定層の熱烈なファンがいると踏んでいるようです。The Wall Street Journalに寄せられた情報によれば、Note 7が整備済みモデルとなって7月に我々の元に舞い戻ってくるそうです! そしてその新たな名前もなかなかのものですよ...。

「Galaxy Note 7 FE」!

この「FE」は「Fandom Edition(熱烈ファン向けモデル)」を意味するのでは?と言われているようで、なんだか確かになさそうで、ありそうな名前じゃないですか? 情報が正しければ発売日は2017年7月7日になるそうです。7...7...7と続き、復活するには最適の日取りです。

そもそもSamsungが整備済みNote 7の販売を検討しているという噂は3月頃に急展開を迎えました。その後Samsung側も整備済み製品として再度売り出す手をひとつの可能性として示しつつ、「環境にやさしい方法」で返品された端末をなんとかする計画を認めていたんです。で、今回のNote 7 FEはどうやらオーバーヒートしていきなり燃え上がるようなことのないよう新しい部品が取り付けられているみたいです。まぁそりゃそうだ。

Samsungは発火報告を受けて昨年9月にNote 7のリコールを発表し、最終的に合計300万台の端末を回収しています。アメリカにあるNote 7の約93%はその後Samsungへ返還されています。残りの7%の端末は、充電ができなくなってしまうアップデートをかけ、ユーザーが端末を手放すよう促しました。ちなみにこのリコール劇によってSamsungが費やした金額は数十億ドル(数千億円)とも言われています。

Note 7 FEはひとまず韓国のみでの発売となるようですが、他の国でもリリースされる可能性もあるよう。まだこの予定に関しては公式な発表が出ていません。

Note 8の発表も噂されていますから、Note 8がうまくいけば汚名返上となるような気もします。Note 7の復活でもう一回あの悪夢を思い出しちゃうのもそれはそれでリスキーなのでは?と思っちゃうんですけどねぇ。まぁしばらくはGalaxy S8のうっとりとするような美しいフォルムを眺めながら様子見といきましょう!


Image: George Frey/Getty Images News/ゲッティイメージズ
Source: The Wall Street Journal

Michael Nunez - Gizmodo US [原文]
(Doga)