「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」(税別160円)

写真拡大

発売3カ月で年間目標を早くも達成。

【写真を見る】裏面に商品説明や中味画像を配して、「愛のスコール」飲料をわかりやすく表現

サッポロビール株式会社は、西日本エリア限定で販売していた「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」(税別160円)を、9月5日(火)から全国発売する。

南日本酪農協同株式会社が1972年から販売している、「愛のスコール」とのコラボレーション商品として今年3月に発売した。

地域に根付いたブランドとのコラボレーションで、“懐かしさ”や“新たな驚き”につながり、年間販売目標の13万6000ケースを発売3カ月で達成。多くのファンからの要望を受けて、今回の全国発売の決定に至った。

340ml缶で、アルコール分は4%。「愛のスコール」のおいしさそのままのお酒となっている。

シュワッとはじける甘酸っぱさと、キレの良い後口ですっきりとした味わい。デザインも、南十字星をモチーフにしたスコールのロゴマークを缶体中央に大きく配した。キーカラーであるグリーンを前面に押し出したデザインで、「ホワイトサワー」と缶体に大きく表示することで、乳性の味わいを想起しやすくしている。

ロングセラー商品とのコラボ。一口飲めば、“あの頃”の「切ない記憶」や「あたたかい記憶」が呼び起こされ、ちょっと素敵な時間が楽しめるかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】