チェルシー、ボアテングを急襲か

写真拡大

▽チェルシーが、バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(28)の獲得に興味を持っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えた。

▽昨季途中から3バックに変更してプレミアリーグを制したチェルシーは、今夏の補強ポイントの1つがセンターバックとみられている。これまで、サウサンプトンDFヴィルヒル・ファン・ダイクやローマDFコスタス・マノラス、ユベントスDFレオナルド・ボヌッチらの名前が獲得候補として挙がってきたが、ディ・マルツィオ氏によれば、ここにきてボアテングの獲得に乗り出す可能性がある。

▽また、イギリス『デイリー・ミラー』もチェルシーのボアテングへの興味を伝えており、移籍金としてバイエルンは3000万ポンド(約44億円)以上を要求するとみている。

▽ボアテングは2011年夏にマンチェスター・シティから移籍したバイエルンでポジションを掴み、世界有数のセンターバックとして評価されるまで成長。しかし、昨シーズンは負傷の影響もあってリーグ戦の出場が13試合にとどまっている。