【ソウル聯合ニュース】韓国軍が30日から、3000トン級潜水艦「張保皐3 バッチ(Batch)1」3番艦の建造を開始する。防衛事業庁はこの日、南東部・蔚山の現代重工業造船所で着工式を開催した。

 「バッチ」は同じ型式の艦艇のグループを指し、バッチ1から2、3と上がるにつれて艦艇の性能が向上する。
 張保皐3は韓国が初めて独自に設計・建造する3000トン級潜水艦で、弾道ミサイルの垂直発射管6門を設置する予定だ。軍は同艦に射程500キロ以上の弾道ミサイル「玄武2B」を搭載するとされる。
 大宇造船海洋が建造中の1〜2番艦を含めた3隻の完成時期は、2020〜24年と見込まれている。
tnak51@yna.co.kr