今年のグラミー賞では5冠を達成するなど、パワフルな歌声と美しいメロディーで人々を魅了するイギリス出身の歌姫アデル(29)。世界中で愛され続ける彼女だけれど「今後コンサートを行うかどうか分からない…」とコメントしたことで話題に。

現地時間今月28日に地元ロンドン「ウェンブリースタジアム」でコンサートを開催したアデル。<コスモポリタン アメリカ版>によると、7月2日のツアーファイナルを目前にしたコンサートのパンフレットには、アデルからの手書きのメッセージが添えられていたそう。

💌😢😭✒❤Photo by Traci @tracii_m Translation by @wannabeadkins Adele @Adele's letter from her your book! "So this is it after 15 months on the road and 18 months of 25 we are at the end. We have taken this tour across uk+ Ireland, throughout Europe, all over America and I finally got to go to Australia and New Zealand too. Touring is a peculiar thing, it doesn't suit me particularly well. I'm a real homebody and I get so much joy in the small things. Plus I'm dramatic and have a terrible history of touring. Until now that is! I've done 119 shows and these last 4 will take me up to 123, it has been hard out an absolute thrill and pleasure to have done. I only ever did this tour for you and to hopefully have an impact on you the way that some of my favourite artist have had on me live. And I wanted my final shows to be in London because I don't know if I'll ever tour again and so I want my last time to be at home. Thank you for coming, for all of your ridiculous love and kindness. I will remember all of this for the rest of my life. Love you. Goodnight for now" ❤️Adele #Adele #Adelettes #AdeleLive2017

A post shared by Adelettes©® (@adelettes) on

ツアーのために世界中を巡って15カ月。「25」ツアーがスタートしてからは18カ月が経つけれど、それも終わりを迎えるわね。イギリスをはじめ、アイルランド、ヨーロッパ、アメリカ全土まで制覇、そしてやっとのことでオーストラリアとニュージーランドまでたどり着いたわ。ツアーをするっていうのは独特なことなのよ。正直私には合わないみたい。私は、家にいるのが好きで、些細なことに幸せを感じるタイプなの。
これまで119回の公演、そして最後の4公演を含め、全部で123公演になるけれど、ここまでやり遂げられたのは、すべて私を支えてきてくれたファンのみなさんのおかげ。私の大好きなアーティストたちが、私を見せてくれたように、私もみんなに何か残せてあげられたらいいなと思ってる。
この先、またツアーをするかどうかは分からないわ。だから最後の公演は生まれ育った場所でもあるロンドンで幕を下ろしたかったの。来てくれて、そしてたくさんの愛と優しさをありがとう。この先の人生でもこのツアーは忘れないわ。愛してる。おやすみなさい。

このように心のうちを語ったアデル。文面から察するに、これからのツアーは行われないのでは…?

ツアー中も、ロンドンのグランウェル・タワーで起きた火災事故現場に自ら駆けつけるなど行動を起こしていたアデル。実は、コンサートの最中にも寄付金活動を呼びかけていた。

今後コンサートを本当に行わないことになれば寂しくなるけれど…これからも素敵な歌声を届け続けてくれるはず。