危険なデート (C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

 全世界累計発行部数1億部以上のベストセラー小説を実写化し、全世界興行収入5億7000万ドル超の大ヒットを記録した官能ドラマ「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。

 前作では、恋愛未経験の女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)が、大企業の若きCEOグレイ(ジェイミー・ドーナン)に見初められ、倒錯した恋愛におぼれていくさまを赤裸々に描いた。本作では、アナが去ったことにより真実の愛に目覚めたグレイが、アナに再アプローチしたことから、2人の新たな関係がスタートする。

 このほど公開された本編映像では、アナとグレイがエロティックな“いたずら”に興じるさまが描かれる。高級レストランで食事をするアナとグレイだったが、グレイは「脱いで。今、ここでだ」とささやき、アナは戸惑いながらもスカートの中に手を伸ばし、身に着けた下着を脱ぐ。グレイは、そのままの状態でアナと共にエレベーターに乗ると、周囲に人がいるにも関わらずアナの太ももをまさぐり、危険な遊びを楽しむ。元「ワン・ダイレクション」のゼイン・マリクとテイラー・スウィフトによるテーマ曲「アイ・ドント・ワナ・リブ・フォーエバー」が、シーンに彩りを添えている。

 プロデューサーのマーカス・ビシディとデイナ・ブルネッティは「今回のアナは、前作で受け入れられなかったグレイの性的嗜好を経験したいと思うようになる。グレイが望む方法で愛したいと思った自分を、アナは理解するようになるんだ」(ビシディ)、「第1章ではアナが禁断の世界を発見して足を踏み入れていく姿が描かれるけど、本作ではグレイの願望や欲望のことを知った状態で、その世界を受け入れようとする。劇中においても、アナが望んでそのようなシーンに展開するの」(ブルネッティ)とアナの心境の変化について解説している。

 より大胆になったアナを演じたジョンソンは「肉体的な感覚も、性的なものもあるけど、ベースはラブストーリーよ。複雑で知的な2人の間に、あらゆる面で人格や人生が入り込んでいる。家族や仕事、そして性に関する趣味も全て2人の情熱的な燃え上がるような恋愛を中心として回っているの」と語っている。