故パク・ヨンハさん、本日(30日)7周忌…追悼行事も

写真拡大 (全2枚)

俳優、歌手として活躍した故パク・ヨンハさんがこの世を去って7年となる。

パク・ヨンハさんは2010年6月30日、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン) の自宅で自ら命を絶った。遺書などは見つかっておらず、自殺の動機ははっきりとしていない。しかし当時事件を担当していた江南警察署側は、公式ブリーフィングで「父親の癌闘病、事業と芸能活動を並行した事によるストレスで、飲酒後衝動的に自殺したと推定される」と発表した。

1994年にMBC「テーマ劇場」でMBC特別採用タレントとしてデビューしたパク・ヨンハさんは、多くの作品に出演し演技の経験を積んだ。そして国境を超えて、彼を日本でも愛される俳優兼歌手にさせた出世作は、2002年に出演したKBS 2TV「冬のソナタ」だ。パク・ヨンハさんはキム・サンヒョク役を務め、優しい男として多くの女性を魅了。同作の人気でパク・ヨンハさんは日本で歌手としてもデビューを果たし、本格的な海外活動を展開した。

2003年にスタートしたパク・ヨンハさんの日本活動は高い人気を博した。2004年に発売したシングルは韓国の男性アーティスト史上、初のオリコンチャート10位圏内に入る記録を残し、2005年には韓国の歌手として初の日本のゴールデンディスク賞の新人賞を受賞。その後、4年連続でゴールデンディスク賞を受賞した。

パク・ヨンハさんは2008年に韓国で放送された「オンエアー」で久々に韓国ドラマに復帰し、視聴率も良い成績を収めた。同年に撮影を開始した映画「作戦 THE SCAM」では、大儲けを夢見る個人投資者カン・ヒョンス役を務め、熱演を披露。2009年にはKBS 2TV「ザ・スリングショット〜男の物語〜」で俳優として新たな一面を見せる事に成功した。しかしこの作品が、彼の遺作となった。

パク・ヨンハは2010年、国際救護開発NGOのGood Neighborsとともにアフリカのチャドに自身の名前にちなんだ「ヨナスクール」を設立。彼の遺族はパク・ヨンハの意を続けようと、ヨナスクールへの継続的な関心を高めるため2013年に「パク・ヨンハ One Love チャリティー事業会」を立ち上げた。

変わらず彼を記憶している人々は、故人が安置された盆唐(プンダン) メモリアルパークに足を運んでいる。7周忌の30日には追悼式が行われる予定だ。