ジャマイカ在住のオカマイさんが、人生を変えたいあなたに伝える「今すぐやる」のススメ。

写真拡大

今、平和な世の中で、元気に毎日を過ごすことのできる私たち。なのにやりたいことができていない! とモヤモヤしたり、ストレスがいっぱいの仕事をしていたり。キラキラした毎日を送っているあの子に嫉妬しちゃったり。なかなかやりたいようにできないのが、大人の毎日のキビしさですよね。
そんな「一歩踏み出せない」「行動できない」私たちの背中をドン! と押してくれるのがこの本の著者、岡本まいさん。

では岡本さんって何をしている人? 実は「気づいたら仕事になっていた」とたくさんの仕事をしている人。肩書きをつけるのはとっても難しい。現在は、ジャマイカに住み、それもフリーライターであり文筆家。プレスでありツアーガイド。さらに土産物開発会社の社長で通訳…という具合に12の仕事を持っているんです。ひとつの仕事にだって悩みがつきない私に、そんなすごい人のことが参考になるの? はい、なります。この本には「遊びが仕事になる方法」が満載なんです。そんな夢みたいなこと…と思うのは早いですよ〜。

「まずは行動する人」がうまくいく』(岡本まい著/WAVE出版)


「考えます」という人は「一生考えてる人」

まず、要は「やる」か「やらないか」ということで、考えるリスクの大半は言い訳。例えば「考えます」という人は「一生考えてる人」。確かに、私にもそういうところあります。よく言えば「石橋を叩いて渡る」性格だなんて、思ってました…。
ただ、それを責めるのではなく「私はこうしてきたよ」ということを惜しみなく教えてくれる一冊なので安心して。一気に読んでしまうこと間違いナシ。

また、第2章の「直感力と瞬発力でチャンスをつかむ」では特別なことをしなくても、いますぐできる瞬発力を鍛える方法がたくさん。実践編です。
例えば
「朝、起きて10分以内に出勤してみましょう」
「贈り物をもらったら24時間以内にお礼状を書いてみましょう」
「会いたかった人に、今すぐ連絡してみましょう」
など本当にすぐできること。でも「できるかな?」と引いてしまいがちなことですよね。こういう行動をしていくことで、楽しいことにどんどんチャレンジできる岡本さんのような人になれるんですね。

岡本さんのことを知らなくても、この本を読み終わるころにはきっと「オカマイさん」と呼びたくなってしまう。最初は自己啓発的な本は、読むとできない自分にがっかりして、余計に疲れたりするんだよな〜、と腰が引けていましたが、この本に関しては心配ご無用。動き出したくて、うずうずしちゃうはずです。
この夏、あなたも人生を変えてみませんか?

 

ライター:幸 雅子
画像出典:amazon https://www.amazon.co.jp
写真:オカマイさん提供