【詳細】他の写真はこちら

2017年上半期を熱く盛り上げた“ベストデジモノ”を本誌ライター陣が全10ジャンルで独断セレクト。売れに売れた大ヒットモデルから、新トレンドを生み出した注目モデル、個人的にグッと来た推しモデルまで、合計50製品をピックアップした。今回紹介するのは、テレビ&ホームシアター。有機ELパネルや、HDR、UltraHD Blu-rayなど、4Kテレビをさらに魅力的にするテクノロジーの充実で、今、テレビ&ホームシアターカテゴリーの注目度がさらに高まっている。

有機ELでホームシアターがさらに盛り上がる!



テレビやホームシアター関連では、今春に各社から発売された有機ELテレビが最大の話題。まだまだ高価ではあるが、話題性も高く、各社とも好調なセールスとなっているようだ。各社それぞれに特徴がありすべてを選出したかったが、ここでは斬新なスタイルや画面から音を出すというアイデアのユニークさを評価して第1位のみとした。ここのところ低調だったテレビ市場の活性化にも貢献し、2020年に向けてテレビやホームシアターがさらに盛り上がることを期待したい。

有機ELの話題に隠れがちだが、液晶テレビも力の入ったモデルは多い。音にこだわったモデルはここのところ人気が上昇中だ。そして、UHDブルーレイ(UHD BD)もソフト数が着実に増え、普及段階に入っている。優れた実力を備えたモデルから入門機までラインナップが充実。そろそろ購入を考えている人にもちょうどいい時期になっている。

サウンドバーやAVアンプといったホームシアター機器も、ドルビーアトモス対応などが進んでおり、実力の高いモデルが目白押し。各ジャンルとも元気一杯の印象だ。

BEST 1

有機ELと独自のスピーカーで今までにないフォルムが完成!



ソニー

ブラビア KJ-55A1

実勢価格:53万9870円

【SPEC】55V型、4K+HDR、チューナー×2

有機ELパネルと高画質エンジン「X1 Extreme」を組み合わせた製品。Android TV搭載で、テレビ視聴はもちろん、音声検索による番組探しなど、快適な操作性を実現している。有機ELの美しい映像に加えて画面を振動させる「アコースティック・サーフェス」搭載で、映像と音が一体となった豊かな臨場感を実現している。

【ここに注目!】



▲背面のユニットで画面を振動させるユニークなスピーカーを内蔵しました。有機ELの薄さを活かしたユニークなアイデアです。



▲フォトフレームのような独特のスタイルは、スタンドが前から見えません。映像のみに集中できるムダをそぎ落としたフォルムです。

BEST 2

高音質スピーカー搭載でテレビの臨場感が倍増!



東芝

REGZA 55BZ710X

実勢価格:24万9010円

【SPEC】55V型、4K+HDR、チューナー×3

「バズーカオーディオシステム」搭載の55V型モデル。IPSパネルに最上位機と同じ「レグザエンジンBeauty PRO」を組み合わせ、地デジ放送をさらに高画質化する新機能も採用している。多彩なコンテンツを手軽に探せる「次見るナビ」も新搭載。

【ここが注目!】



▲前方の2ウェイスピーカーに、重低音ウーハーを組み合わせています。別体スピーカーに迫る高音質が大迫力です。

BEST 3

ドルビービジョン対応の高画質・高音質モデル



OPPO

UDP-203

実勢価格:10万1000円

【SPEC】Ultra HD Blu-ray再生、ハイレゾオーディオ再生

UHD BD対応ユニバーサルプレーヤー。最新のアップデートで、ドルビービジョン規格への対応も果たしている。DACチップに「AK4458VN」を採用し、7.1ch音声出力を採用するなど、映像だけでなく、音質にもこだわった作りとなっている。

【ここに注目!】



▲カスタム仕様の高性能ドライブメカをボディに中央に搭載しました。映像・音声ともにこだわりの設計となっています。

BEST 4

ドルビーアトモスを堪能できるサウンドバータイプのモデル



パイオニア

FS-EB70

実勢価格:10万4290円

【SPEC】Dolby Atmos/DTS:X、イネーブルドスピーカー内蔵、Wi-Fi/Bluetooth

ドルビーアトモスに対応し、前方3チャンネルと、ドルビーイネーブルドスピーカーをサウンドバーに内蔵。3.1.2ch構成で臨場感豊かな次世代サラウンドを楽しめる。Bluetooth内蔵でスマホのワイヤレス再生も手軽に行える。

BEST 5

大幅に音質を強化した入門クラスの高性能モデル



ヤマハ

RX-V583

実勢価格:5万5080円

【SPEC】7.1ch、4K+HDR、Dolby Atmos/DTS:X、Wi-Fi/Bluetooth

7.1chパワーアンプ搭載のAVアンプで、ドルビーアトモス、DTS-Xに対応。デジタル回路を一新し、新DACチップによる高S/N化など、大幅な音質向上を実現。Wi-Fiによるネットワーク再生機能やBluetooth機能も備える。

文/鳥居一豊

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋