ジープ、100台限定生産の「Jeep Wrangler JK」を7月に発売

【ギャラリー】Jeep® Wrangler JK4


ジープは、「Jeep Wrangler(ジープ・ラングラー)」の限定車「Jeep Wrangler JK(ジープ・ラングラーJK)」を、7月8日(土)に全国のジープ正規ディーラーにて100台限定で発売する。

今回販売される限定モデルのベースとなっている「ラングラー」は、現行型で4ドアモデルが設定されたことで、ライフスタイルの可能性を大きく広げた。その世界観に新たな付加価値を与え、3代目ラングラーのコードネーム「JK」を車名として、「ラングラーJK」と名付けられた。


ラングラー・アンリミテッドの上級グレードである「アンリミテッド・サハラ」を基本に、ビビットなブルーの「チーフ」と、落ち着いたトーンの「ゴビ」の2タイプのボディカラーを用意している。さらに、通常はボディ同色となるハードトップには、ラングラー初となるホワイトハードトップが組み合わされた。また、ハードトップと合わせたホワイトのハードスペアタイヤカバーや、オフロードの聖地とされる米国ユタ州モアブの座標を描いたスポーツバー(ロールバー)のカバー、ブラックのレザーシートなどを特別装備し、ジープの76年の歴史に培われてきた冒険のスピリットと、新スタイルを融合した限定車に仕上げられている。

価格は427万6,800円(消費税込み)で、右ハンドルの取り扱いとなる。
ボディカラー別の販売台数は「チーフ」が20台、「ゴビ」は80台を予定している。

【ギャラリー】Jeep® Wrangler JK4


■ジープ オフィシャルサイト
http://www.jeep-japan.com/

■関連リンク
ジープ、「ラングラー」のMOPAR パッケージをフランスで展示 アメリカンな魅力を欧州でアピール!
http://jp.autoblog.com/2017/05/19/jeep-special-edition-mopar-one-package-europe-rubicon-diesel/