ミランに所属するスソ【写真:Getty Images】

写真拡大

 3クラブからオファーを受けたミランに所属する23歳のスペイン人FWスソが、チームに残りたいとの希望を打ち明けた。29日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、トッテナムやローマ、ナポリといった来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持つ3クラブがスソ獲得に向けてオファーを提示したという。しかし、スソは「CL出場権持つ3クラブからオファー貰ったけど、僕はミランのファンやヴィンチェンツォ・モンテッラ監督に満足している。だから、ここに残りたい」と語り、残留希望を打ち明けた。

 スソは今季公式戦37試合に出場し7得点11アシストを記録。昨年夏にレンタル先のジェノアからミランに復帰した1年目で重要な役割を果たした。ミランはオファー次第でスソの売却も考えているとの噂もあるが、クラブとの契約延長を望むスソは来季もミランでプレーすることになるのだろうか。

text by 編集部