この夏、Jリーグクラブと対戦するために来日する「海外クラブ」まとめ

写真拡大 (全4枚)

6月も残すところあとわずか。週末からは下半期の初月である7月に突入する。

そんな7月には多くの海外クラブが日本にやってくる!

そこで今回は、Jクラブと対戦する海外チームの情報をまとめてみることにしよう。

1. ドルトムント(GER)

対戦相手:浦和レッズ
試合情報:明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2017
試合日時:2017年7月15日(土)午後7時10分キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002
放送:『フジテレビ』で生中継(『DAZN』は録画配信)

日本サッカー協会とJリーグが主催する同大会。Jリーグの村井満チェアマンは、かねてより夏場に一週間の中断期間を設けることで海外クラブを招いての強化試合を行うという案を構想しており、今年からようやく実現する運びとなった。浦和が対戦するのはドルトムントで、現在のところ充実したメンバーが来日するようだ。なお、香川真司が埼玉スタジアムで浦和と対戦するのはこれが初めてであるという。

2. セビージャ(ESP)

対戦相手:鹿島アントラーズ
試合情報:明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2017
試合日時:2017年7月22日(土)午後6時キックオフ
会場:県立カシマサッカースタジアム
放送:『DAZN』で生配信

ドルトムント同様、「明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2017」の対戦チームとして招待されたのがセビージャだ。浦和対ドルトムント戦の一週間後、カシマスタジアムで鹿島アントラーズと対戦する。なお、試合のレギュレーションは浦和戦同様で、90分間で勝敗が決しない場合は引き分けのまま終了。各チーム7名までの選手交代が認められている。

対戦相手:セレッソ大阪
試合情報:StubHubワールドマッチ2017
試合日時:2017年7月17日(月・祝)午後6時キックオフ
会場:ヤンマースタジアム長居
放送:未定

セビージャは鹿島戦の前に、大阪でセレッソ大阪ともプレシーズンマッチを行う。セビージャは清武弘嗣の古巣だが、残念ながら清武は左足の負傷により欠場が決定的。協賛しているのは、セレッソ大阪のグローバルチケッティングパートナーである「StubHub」だ。

3. シャペコエンセ(BRA)

対戦相手:浦和レッズ
試合情報:スルガ銀行チャンピオンシップ2017
試合日時:2017年8月15日(火)午後7時キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002
放送:『フジテレビNEXT』で生中継(『BSフジ』で録画放送)

今年10回目を迎える同大会。昨シーズンのコパ・スダメリカーナはシャペコエンセが決勝でアトレティコ・ナシオナルと対戦予定であったが、1stレグに向かう最中に飛行機事故に遭い、試合は中止に。アトレティコ・ナシオナルがタイトルを譲渡したことから、シャペコエンセに同大会の出場権が与えられた。

一時は辞退するのではないかという報道もあったが、正式に来日が決定。なお、シャペコエンセはこの浦和戦の直前、ジョアン・ガンペール杯でバルセロナとも対戦予定だ。