29日、3年前に台湾の富豪実業家と結婚した日本人タレントの佐藤麻衣だが、結婚生活に異変が生じているようだと複数のメディアが報じている。写真は佐藤麻衣。

写真拡大

2017年6月29日、3年前に台湾の富豪実業家と結婚した日本人タレントの佐藤麻衣だが、結婚生活に異変が生じているようだと複数のメディアが報じている。自由時報が伝えた。

【その他の写真】

長年にわたって台湾で活動してきた佐藤麻衣は14年、台湾プラスチックグループの経営者一族の御曹司、王泉仁(ワン・チュアンレン)氏とオメデタ婚。結婚を機に芸能界から離れて「王麻衣」と改名し、翌年には長男が誕生している。

玉のこし婚で幸せな生活を送っていると思われていたが、異変が注目され始めたのは2カ月ほど前のこと。一家は台北市郊外の豪邸に住んでいるが、すでに長いこと王泉仁氏は帰宅していない様子で、佐藤麻衣が子供を連れて出入りする姿だけが目撃されている。

最近では大久保麻梨子、愛紗と日本人タレントの結婚式に続けて出席したが、そばに王泉仁氏の姿はなく、いつも1人だった。こういったことから、夫婦生活に異変が生じているのではないかと報じられている。

王泉仁氏から毎月50万台湾ドル(約184万円)の生活費を渡されているという佐藤麻衣。今回の報道については現在のところ沈黙を守っている。(翻訳・編集/Mathilda)