北朝鮮の北侵核戦争演習反対全民族非常対策委員会のスポークスマンは29日、「核戦争殺人装備を投入し続けている」としながら米トランプ政権を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、「米国は共和国の首都平壌と主要戦略対象物に対する軍事的打撃のために長距離空対地ミサイルを全羅北道群山の米帝侵略軍空軍基地に電撃配置し、南朝鮮占領米第2師団長を公開の席上に推したてて『韓米連合訓練の拡大』についてけん伝している」と指摘した。

つづけて、「これはそうでなくても緊張した朝鮮半島情勢を核戦争の瀬戸際へ追い込む危険極まりない軍事的妄動」としながら「朝鮮半島の平和と安全を願う全同胞と世界の平和愛好人民に対する正面切っての挑戦になる」と糾弾した。

さらに、「重大なのは米国が共和国を狙った横暴非道な軍事的圧迫攻勢についてメディアに公然と公開までして核戦争殺人装備を投入し続けている」と述べた。

そのうえで、「米国のトランプ行政府は反米対決戦を総決算しようとする朝鮮の軍隊と人民の敵撃滅の気概と意志を直視して無謀な軍事的妄動が招く破局的結果について熟考し、軽挙妄動してはいけない」と強調した。