レッドブル・ザルツブルクでプレーしている南野拓実(右)とRBライプツィヒのナビ・ケイタ(左)【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

オーストリア発の一報が引き金に

 6月20日、UEFAはRBライプツィヒ(ドイツ)とレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)が17/18シーズンのCLに出場することを認めると発表した。どちらのクラブもレッドブルが関わっており、CL同時出場はUEFAの規約に抵触するのではないかという議論がなされていたが、いったい争点はなんだったのだろうか。(文:本田千尋【ドイツ】)

----------

 引き金を引いたのはオーストリア発の1つの記事だ。2017年2月22日、『ザルツブルガー・ナッハリヒテン(SN)』電子版が「RBライプツィヒがチャンピオンズリーグ出場の禁止に瀕している」という見出しの記事を掲載した。

 2月22日の時点でRBライプツィヒはドイツ・ブンデスリーガの2位を快走中。一方でオーストリア・ブンデスリーガでは、RBザルツブルグが首位に浮上していた。

 そのままリーグ戦を終えれば、世界的飲料メーカーのレッドブルが出資する2クラブが、同時に来季チャンピオンズリーグの出場権を得る(ライプツィヒは本戦にストレート・イン、ザルツブルクは予選2回戦から)、という状況である。

 ところが『SN』が得た情報によれば、UEFAから「最初のシグナル」が発せられたのだという。RBライプツィヒかRBザルツブルクか、どちらか一方のクラブだけが来季CLへの出場を許される、といったものだ。

 記事中ではUEFAの規約を紹介。その内容は「同一の出資者または同一の個人により運営される2つのクラブがヨーロッパで同時にプレーすることはできない」と記されている。つまり両クラブがレッドブルという「同一の出資者により運営される2つのクラブ」と見なされ、規約に抵触することをほのめかしている。

 このザルツブルクの地元紙の記事に『ビルト』、『エクスプレス』、『シュポルト1』などドイツメディアが瞬く間に反応。飢えたハイエナのように群がった。各媒体の電子版は『SN』の名前を引用しながら、RBライプツィヒの来季CL出場禁止の可能性を報じている。

 なぜオーストリアではなくドイツのクラブの方が出場禁止になるのかというと、これまたUEFAの規約によれば、それぞれの国内リーグでより上位に位置するチームを優先するからである。つまりオーストリア1位とドイツ2位では、前者にCL出場権が与えられるのだ。

2つのRB、形式上の区別

 この報道にオリバー・ミンツラフ氏は、いきなり後頭部を撃たれたような感覚だったのかもしれない。

「驚きながらザルツブルガー・ナッハリヒテンの記事を読んだよ。私を信じてほしいのだが、RBライプツィヒは全くナーバスになっていないし、推定されたUEFAのシグナルもない」

 RBライプツィヒのCEOは、オーストリア発の記事の一部を否定するコメントを残した。UEFAによる「最初のシグナル」はクラブに届いていないという。

 またセンセーショナルな記事の最後は「レッドブル・コンツェルンのほとんどがナーバスになっていてもおかしくはない」と結ばれているが、それも虚偽と主張。スポーツ面においてCLの出場資格を得ようとする限りでは、来季の参加を疑う根拠はないとのことである。

 もっとも、ミンツラフCEOが面食らった『SN』の記事を、ドイツメディアも額面通りに受け取ったわけではなかった。例えば『ビルト』電子版は、2月22日付の記事の見出しに「RBライプツィヒがチャンピオンズリーグ出場の禁止に瀕している?」とクエスチョンマークを入れている。そして記事中で、重要な情報をゴシック体で記した。

 「ザルツブルクでレッドブルは公式にスポンサーでしかない。したがって両クラブ間の形式上の区別が引き起こされる」

 このことは『SN』も説明してはいる。「通常のメインスポンサー契約がレッドブルとザルツブルクの間に存在するだけである」と記されている。

 RBライプツィヒの場合、厳密には、有限責任会社レッドブルが有限責任会社RBライプツィヒの共同出資者として99パーセントを占めている。そして「50+1ルール」に抵触しないよう、49パーセントの決議権を持っているのだ。なお、このドイツ・ブンデスリーガ特有の「50+1ルール」とは、一つの企業やオーナーがクラブの決議権の50パーセント以上を持つことを禁止するものである。

 つまりRBザルツブルクとRBライプツィヒでは、レッドブルの立ち位置が違う。オーストリアでは“メインスポンサー”であり、ドイツでは“共同出資者”である。

オーストリア紙が着目したUEFAの規約

『SN』が紹介するUEFAの規約とは、UCL大会規約の第5条(大会の完全性)の規定のことのようだ。大会規約の中を覗いてみると、5.01のCに、次のように記されている。

「UEFAのクラブコンペティションに参加する2つ以上のクラブにコントロールや影響をもたらす個人や法人があってはならない。このようなコントロールや影響とは次のコンテクストで定義される」

 つまりこの文言を『SN』は「同一の出資者または同一の個人により運営される2つのクラブがヨーロッパで同時にプレーすることはできない」と解釈したようだ。

 そして規定は「コントロールや影響」を、株主の決議権や経営陣の任命権に関わることや、クラブの意思決定に決定的な影響を行使できることなど、4つのコンテクストに分けて定義している。

 これらの文言に照らし合わせてみると、ザルツブルクにおけるレッドブルは、UCL大会規約の第5条、5.01のCに引っかかることはないだろう。あくまでスポンサーであれば、経営に関与することはない。つまりこの時点で、RBライプツィヒとRBザルツブルクは、レッドブルという「同一の出資者により運営される2つのクラブ」と見なされないことになる。

 東ドイツの新参者に差し迫る危機を報じた『SN』も、こうした結論に至っていたのかどうかは定かではないが、「ザルツブルクの関係者は課題は片付けられたと納得している」とも記している。加えてクリストフ・フロイント氏のコメントも掲載した。

「ライプツィヒもザルツブルクも次のシーズンには1つの国際大会に参加することが可能だと仮定している」

 RBザルツブルクのSDも、“兄と弟”の来季CL同時出場について問題はないという認識だ。

 それでも『SN』によれば、UEFAが両クラブを相互に独立したものとしてみなすのかどうか、疑問は残るのだという。16年8月にRBザルツブルクからRBライプツィヒに完全移籍したベルナルドの名を挙げながら、両クラブが移籍金の額について交渉したことを問題視しているようだ。

 また、このブラジル人SBの移籍では6ミリオン・ユーロの移籍金が支払われたが、こうしたお金の流れを根拠に、UEFAが両クラブをレッドブルの影響下にあるという結論に至る可能性があると指摘した。

“異質な”ライプツィヒの躍進。人々の興味引く格好の話題に

 こうした事例は、確かに5.01のCに抵触するかもしれない。レッドブルが「2つ以上のクラブにコントロールや影響をもたらす法人」と見なされる、ということなのだろう。

 こうして“SN砲”による問題提起は、それから毎月のようにドイツメディアを賑わせることになった。UEFAによる公式見解はシーズン終了まで待たなければならず、お上が正式に判断を下さない以上は、大会規約を基にいかようにでも論じることができる。

 それはRBライプツィヒがUEFAのファイナンシャル・フェアプレーの規定に違反しているかどうかという、別の論点にまで飛び火した。異質な新興クラブが快進撃を続け、今季の成功を収めたとしても、来季の晴れ舞台には立てないかもしれない。それは良くも悪くも、人の心をくすぐる格好の話題だった。

 そうこうするうちにシーズンは5月に終了。RBライプツィヒはドイツ・ブンデスリーガを2位で、RBザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガを優勝で締めくくった。

 そして運命の6月20日、UEFAによる正式発表。UEFAクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)の裁定部門が、両クラブの来季CL出場を認めることを決めた。同部門は、UCL大会規約の第5条(大会の完全性)の規定に違反はなかったとの判断を下している。

 なぜ規定に違反はなかったのか、現時点で公式HPに詳細は記されていない。正式発表当日の『ビルト』電子版が記しているように、“メインスポンサー”と“共同出資者”という立ち位置の違いが、ポイントの1つとなったのだろう。

 今後も規則が完全に守られるよう、引き続きCFCBは両クラブの監視を行うという。しかしそもそもレッドブルは、ドイツ・ブンデスリーガでもそうだが、“規定”に対してあまりに抜け目がない。ちょっとやそっとのことで、引き摺り下ろされることはなさそうだ。

(文:本田千尋【ドイツ】)

text by 本田千尋