ペルセポリスに所属するイラン代表FWメフディ・タレミ【写真:Getty Images】

写真拡大

 J1の浦和レッズは、イラン代表FWメフディ・タレミに興味を示しているようだ。中東メディア『タスニム・ニュース通信』が報じた。

 24歳のタレミはイランのペルセポリスに所属。同クラブは10度のリーグ優勝を誇る国内の強豪クラブで、今季のACLでも準々決勝まで勝ち進んでいる。

 タレミ自身もイラン代表として19試合に出場して10得点を記録。今季の国内リーグでも18得点を挙げて得点王に輝き、ペルセポリスをリーグ優勝に導いた。

 同メディアによれば、タレミにはオリンピアコス、パナシナイコス、PAOK、パニオニオスなどギリシャリーグのクラブが関心を示しているほか、クロアチアのディナモ・ザグレブ、そして浦和も関心を示しているという。

 これまでJクラブにイラン人選手が在籍したことはなく、もし仮にタレミが浦和に移籍することになればJリーグ史上初のイラン人選手となる。

text by 編集部