MFエンツォ・ジダン(左)が親元から巣立つ

写真拡大 (全2枚)

 リーガ・エスパニョーラのアラベスは29日、レアル・マドリーからMFエンツォ・ジダンを獲得したと発表した。完全移籍だが、買い戻しオプションが付けられている。3年契約が締結された。

 同選手はレアル・マドリーの監督であるジネディーヌ・ジダン氏の長男で、現在22歳。16年11月にトップチームデビューし、欧州CLの決勝でもベンチ入りを果たした。

 アラベスはテネリフェから移籍が濃厚となっているMF柴崎岳の移籍先候補としても挙げられている。中にはアラベスの地元紙『ノティシアス・デ・アラバ』のように、「アラベスに来るのは時間の問題」と報じているメディアもある。一足先に発表になったジダン長男の加入は、柴崎の獲得に影響することはあるのだろうか。


●欧州組完全ガイド

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集