レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督の長男であるMFエンツォ・ジダンが、アラベスに移籍することが決定した。

アラベスは現地29日、エンツォを3年契約で獲得することでR・マドリードと合意に達したことを発表した。なお、スペインの各メディアによると、R・マドリードは買戻オプションを保持するとのことだ。

現在22歳のエンツォは、9歳でR・マドリードに入団して以来、カンテラの各カテゴリーを順調に駆け上がり、ここ2シーズンはBチームでプレー。昨年11月30日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦2nd Legのレオネサ戦では、トップチームの一員として公式戦初出場を飾ったうえ、デビュー戦でいきなりゴールを決めた。とはいえ、屈指の選手層を誇るR・マドリードのトップチームに定着するのは難しいだけに、アラベスのトップチームでコンスタントに出場し、トップリーグでの経験を積むことは成長の近道となる。

アラベスは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラでは昇格組ながら9位に入り、コパ・デル・レイでは決勝に進出するなど、相次いでビッグサプライズを起こした。中盤の攻撃的な全てのポジションでプレーできるエンツォには、ベティスに移籍したMFカマラサの後釜として期待を寄せている。

【関連リンク】
試合観戦を楽しむリーガ・エスパニョーラ16−17シーズン選手名鑑!!