ヴェラッティのプレー

写真拡大

マルコ・ヴェラッティの代理人を務めるドナト・ディ・カンプリ氏が沈黙を破っている。ディ・カンプリ氏はスカイスポーツのインタビューに応え、現在パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するヴェラッティの状況についてPSGのプレシーズンが始まる7月4日を目前に控え説明している。

【関連記事:PSGは“彼”を売却すべき】

ディ・カンプリ氏はヴェラッティがFCバルセロナと契約するため、PSGを離れたいという意思をPSG側に伝えていると強調し、「この件について余計なことをいうことは得策ではない。」としている。

この理由からヴェラッティとその代理人はこの件について多くを語っておらず、選手、両クラブ間の交渉は秘密裏に行われている。「バルセロナ?それについては話したくないな。まだ不確定要素が多すぎる。」とスカイスポーツについて語っている。

そして、今注目が集まるのは7月4日のPSGのプレシーズン初日にヴェラッティが姿を表すか否かである。カデナ・コペのインタビューではディ・カンプリ氏はその日ヴェラッティがPSGのトレーニングに出席することは保証していない。しかし、その一方でバルサは代替案も探し始めている。