シリア・ラッカ西郊で休息する米国人狙撃手。この狙撃手は、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」との戦闘でシリア民主軍(SDF)と共闘しているキリスト教徒の小規模武装組織「シリア軍事評議会」(SMC)を支援している(2017年6月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカ(Raqa)の奪還作戦で、米主導の有志連合の支援を受けるクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」は29日、ラッカからの最後の退路を断ち、ISを完全包囲した。これに対しIS戦闘員は複数の自爆攻撃を行うなどして反撃した。

 在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、SDFはISがラッカからの撤退する際に中継地点として使用してきたユーフラテス川(Euphrates River)南岸の2村を奪還した。同監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は「SDFはラッカを完全に包囲することができた」と述べた。

 イラク軍もIS支配の象徴となっていた北部モスル(Mosul)のヌーリ・モスク(Al-Nuri Mosque)を奪還したと発表。これを受け同国のハイダル・アバディ(Haider al-Abadi)首相はイスラム過激派による「偽りの国家の終わり」を宣言した。
【翻訳編集】AFPBB News