歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催

写真拡大 (全4枚)

ドスパラは、2017年7月1日(土)、2日(日)ドスパラ名古屋大須店にて、最新のVRホラーコンテンツが体験できる「呪いのVR体験会 inドスパラ大須店」を開催する。なお、次週の7月8日(土)、9日(日)にはドスパラ秋葉原本店VRパラダイスにて、同内容の体験会を開催する。

「呪いのVR」は、ハイエンドゲーミングPC「GALLERIA」と最新のVRゴーグル「VIVE」を使用し、圧倒的なリアリティで恐怖を体験できるホラーコンテンツ。日本の施設向けVRコンテンツでは初となる、能動的・受動的な怖さを同時に体感できるコンテンツとなっている。映像を見るだけのVRホラーコンテンツではなく、仮想空間の中で自由に歩き回り、自由に物をもつことができる。

“自分から動かなければいけない”恐怖をその身で体験可能。鳥肌必至の異次元空間を体験してみてはいかがだろうか。なお、13歳以下の人はVRを体験できないので注意しよう。

■呪いのVR体験会 inドスパラ大須店 詳細
日時:2017年7月1日(土)2日(日) 12:00〜18:00
場所:ドスパラ大須店
住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-19-15 サードウェーブ大須ビル
電話番号:052-243-0391
営業時間:11:15〜20:00
参加費:無料
コンテンツ:呪いのVR (開発元:ASATEC 朝日恵太 http://asatec.jp/)

■イベント詳細ページ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売
・「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験

XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売
・マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売
・インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売