志尊淳、中条あやみ、小関裕太(C)2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会

写真拡大

【中条あやみ/モデルプレス=6月30日】モデルで女優の中条あやみが主演を務める映画『覆面系ノイズ』(11月25日公開)のビジュアル&特報映像が初解禁。また、エンディングテーマも併せて発表された。

【動画を見る】中条あやみが“三角関係”で恋の予感 オオカミバンド・MAN WITH A MISSIONのエンディングテーマ流れる特報映像

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で甘く切ないラブストーリーを繊細で柔らかい映像で描き興行収益20億を超えるヒットを飛ばした三木康一郎監督がメガホンをとり、「花とゆめ」連載中でコミックス累計発行部数が170万部超えの人気コミックを実写化した今作。

登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ラブストーリーで、全編を彩る音楽も作品の大きな魅力のひとつ。バンドのボーカル役となる中条が本編で披露する歌にも大きな注目が集まっている。

◆中条あやみが“三角関係”で恋の予感



海辺の町を舞台に、中条がグレコのギターをかき鳴らすビジュアルは、共演の志尊淳、小関裕太とともに三角関係の恋の予感とその行方が気になる1枚に。そして、本編映像初解禁となる特報映像では、中条が想いのたけを歌にのせ叫ぶシーンも公開され、モデルから女優へと活躍の場を広げる中条の、女優としてのさらなる進化が垣間見えるシーンとなっている。

◆ティーンズバンド×オオカミバンドが奇跡のコラボ!?


そんな今作のエンディングテーマには、ティーンに限らず幅広い世代に絶大な人気を誇り、世界からも注目を集める究極の生命体5匹から成るオオカミバンド・MAN WITH A MISSIONが決定。

実は、恋愛映画へ楽曲提供をするのは初。骨太なロックサウンドで人気のオオカミたちが今作の原作を読み込み書き下ろした楽曲に期待が高まる。(modelpress編集部)

■中条あやみコメント


この映画の原作の漫画は沢山の方に読まれている作品だと知っていたので観るまでは今までにない緊張感がありましたが、初めて観た時、原作の世界観と 三木監督の世界観が素敵に混ざり合って 観ている内に緊張が消えていました。それぞれのキャラクターが心に秘めている片想いであったり音楽への熱い想いを 楽器や歌で表現しようとしている姿がとてもピュアで青春で、ちょっぴり切ない作品になっています。

私自身元々歌に対して得意意識がなく不安だったのですが、ニノを演じたこととボイトレなど最高のスタッフの皆様のお力をお借りして歌う事が心地よく大好きになりました。劇中の曲はもちろん、エンディングに流れてくるMWAMさんの曲も まだ映画が終わってほしくないと思ってしまうほど綺麗で感動的な音楽で、大好きすぎてこの曲も家で歌ったりしています。

■MAN WITH A MISSIONコメント


<ジャンケン・ジョニー コメント>
カナリ以前ニ原作サイドノ方々カラ我々ノ楽曲ヲ気ニ入ッテ下サッテイルトゴ連絡ヲ受ケ、一度我々モ楽曲ヲ使ッテ戴イタ経緯モアリマシタガ、再ビ「覆面系ノイズ」ノ世界ニ関ワレテ光栄デシタ。主演ノ「中条あやみ」サンニモ楽曲ニツイテ素敵ナコメントヲイタダキナントモ恐縮デゴザイマス。

作中ノ「ニノ」ヤ「モモ」ヤ「ユズ」ハオ互イヲ「見ツケル」タメニ或イハ「見ツカル」タメニモガク、刻ム、削ル、生キル。「Find You」ハ彼ラノ心情ヤソノ姿ヲ自分ナリニ解釈シテ書カセテイタダイタ曲デス。「ニノ」ガ歌イソウナ、「モモ」ヤ「ユズ」ガ書イテソレニ答エソウナ。ソンナ曲トシテモ映画ヲゴ覧イタダイタ人ニ聞イテクレタラ嬉シイ限リデス。

【Not Sponsored 記事】