「世界が絶賛した浮世絵師 北斎展 〜冨嶽三十六景・エッフェル塔三十六景の共演〜」

2017年6月30日(金)から7月17日(月・祝)まで、池袋パルコ 本館 7Fのパルコミュージアムにて、「世界が絶賛した浮世絵師 北斎展 〜冨嶽三十六景・エッフェル塔三十六景の共演〜」が開催される。没後約160年が経った今日でもますます高く評価され、世界の偉大な芸術家として人気を集める浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849年)の展覧会。代表作である「冨嶽三十六景」をはじめ、妖怪絵や戯画などの作品も通して、“北斎芸術”の全貌が紹介される。時間は10:00〜21:00(最終日は18:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)で、入場料は一般700円 / 学生500円 / 小学生以下無料。葛飾北斎は、広重、歌麿、写楽などと並び、江戸時代後期に活躍した浮世絵の巨匠だ。「冨嶽三十六景」に代表されるような大胆な構図や、巧みな線と象徴的な色使いを駆使した独創的な画風は、その後の多くの絵師たちにも大きな影響を与えている。本展では、海外、特にヨーロッパで北斎が知られるきっかけになった「北斎漫画」も展示。北斎の影響を強く受けたと言われるフランス人画家のアンリ・リヴィエール(1864〜1951年)による「エッフェル塔三十六景」があわせて紹介されることにも注目だ。なぜ北斎が高く評価されたのかを多角的に検証し、その人気の秘密に迫る。

「冨獄三十六景 神奈川沖浪裏」葛飾北斎

「冨獄三十六景 凱風快晴」葛飾北斎

「エッフェル塔三十六景 建造のエッフェル塔、トロカデロからの眺め」アンリ・リヴィエール

■期間:
2017年6月30日(金)〜7月17日(月・祝)

■開催場所:
パルコミュージアム
東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ 本館 7F

■問い合わせ先:
パルコミュージアム
url. http://www.parco-art.com/web/museum/
▷こちらもおすすめ

携帯電話のデザインを大きく変えた“au Design project”の15周年記念展「KDDI ケータイの形態学」

 

集団VR体験施設「コニカミノルタ VirtuaLink」が東京ソラマチにオープン

 

世界の美術を歌とアニメで紹介する番組「びじゅチューン!」のグッズフェアが銀座ロフトで開催