空前の転職活況! だが誰でも同じく「売り手市場」か?

写真拡大

活況を呈する転職市場

3年ほど前から企業の採用熱はヒートアップし続け、冷める気配が見えません。
それは大学新卒者に限らず、転職市場も同様のようです。
同僚たちが転職の可能性を話しているのを、そわそわした気持ちで聞いている人が、沢山いることでしょう。
実際、筆者の就職相談窓口へも、土曜日ごとに、転職相談を希望される方々がたくさん来られます。

そういった転職相談の人の多くは、一般事務職や営業職の方です。
転職理由は大きく2つあり、たいていはその2つが重なっています。
理由1「長時間の残業や休日出勤が日常的になっているが、正しい手当ての支払いが無い」というもの。
理由2「社内の人間関係、特に直属の上司との関係が悪い」というものです。
この2つの理由の内、どちらか一方でも「悪くはない」という条件があれば、人は簡単に転職を希望しません。
この2つの理由が両方存在するときに、「これ以上この会社で頑張る理由がない」と考えるようになります。
しかしこのタイプの方は、自分に特別な技術をもたず、転職先を考えるにしても、今と同じような職種を選択するしかない、という人が一般的です。
ここに、転職希望者の落とし穴があるのです。


転職者向けの求人倍率が高い業界は?

企業の採用熱が高い、と言いましたが、企業が出している求人情報には、明確な傾向が見て取れます。
その傾向をまとめた一例が、転職支援サービスのDODAから発表されています。
その内容を抜粋すると次の通りです。

転職者向けの求人倍率が高い業界順に、。稗圈δ命業 5.90倍 ∪楜劵機璽咼攻函2.93倍 メディア業 2.72倍 となっており、以下、医療サービス業 2.55倍 メーカー 1.74倍などとなっています。
また職種別に見ると、。稗垉蚕竸Α7.62倍 ∪賁膺Α5.17倍 E典し狼蚕竸Α4.44倍 し築系技術職 4.16倍 が特に多く、以下、営業職 2.68倍、クリエイティブ職 2.21倍などとなっています。
上記はDODAの支援サービスを利用する企業が中心になっていますので、たとえばハローワークの求人を洗い出せば、福祉業界なども上位に上がって来るはずです。

実際に今、転職を考えている人の中で、上記の業界や職種を見た結果、「よし!チャンスだ!」と感じられる人はどのくらいいるでしょうか。
ちなみに「事務・アシスタント系職種」の求人は、0.25倍です。つまり4人に1つの求人ということですね。


採用側と応募者側のニーズが大きくズレている転職市場

転職の落とし穴は、採用側と応募者側のニーズが大きくズレている点にあります。
日本に限らず先進国の傾向として、今求められているのはIT系の技術者とその周辺の職種です。メカニック系の技術も根強く求人があります。
一方事務系は、常に低倍率になっています。
医療事務や経理事務などの専門事務職になれば、かなり倍率が上がりますが、特に医療事務では正社員ではなく、契約や派遣という形が多いようです。

自分に出来る仕事と、企業が求める技術や知識がマッチするか。
自分が求める働き方や労働条件と、企業が提示するそれがマッチするか。
転職先を探すときは、求人情報を見ながら、この2点を調べましょう。
特に転職用の求人では、企業側は「即戦力」を求めるので、学生や若者のように、「今はまだ出来ないが、教えて下さい!」という考え方は通用しません。
「出来るか、出来ないか」「何が出来るのか」が単刀直入に問われます。

転職を考える人は、今いる職場で身につけられる知識と技術をすべて学び取って、自分のものにしましょう。
「私の職場では学べることなど何も無い」という人も多いですが、どんな職場にも必ず学びの材料があります。
それを見つけるような仕事の仕方を考えて、自分の仕事能力の幅を広げましょう。
それが、転職市場における自分の価値を高めることにつながります。


【安藤 ゆかり:研修講師・キャリアコンサルタント】


写真・図を含む元記事はこちら>>


■JIJICOとは?
専門家サイト『マイベストプロ』が開設する専門家による時事ネタコラムサイトです。