前から見ると普通のマーチ

写真拡大

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。ネットの書き込みや知り合いなどから、たまに「クルマ無料(タダ)であげます」ということがあります。クルマって本来は高価なもののはずですが、需要がなくなったクルマの価値は最終的には無料になるようです。

 さて、そんな「誰かがいらない」といっているタダのクルマ。持っている本人がもういらないといってるのですから、「もらっても結局、高くつくのではないか?」と勘ぐる方もいるでしょう。しかし、そんな「無料クルマ」のなかにも、実はお宝が存在します。目利きができれば、何年か乗った後にいくらかで売る、なんてことも可能なのです。

 その1つがマーチ。このマーチといえば、日産自動車が80年代から生産する大衆車。5ナンバークラスのなかでは、最も安い価格帯に位置し、新車販売台数でもランキング上位に食い込む車種であるため、とても生産台数が多い傾向にあります。私は以前、このマーチを無料で手に入れ、2年1万kmちょっと乗って、最終的に約8万円で売ることができました。

 私が無料で手に入れたのは、マーチといっても超レアな1台。その名も「マーチカブリオレ」というオープンカー仕様のマーチです。

 このクルマ、1997年にデビューした後、1999年ごろまで生産されていて、総生産台数は約4000台ともいわれています。4000台というのは、クルマの生産台数としてはかなり少ないほうで、その数値だけでもレアカーといえるでしょう。

 マーチなのにオープンという時点で、かなり珍しいですし、しかもホロは高級車のように電動で開きます。

 そして、私がもらったマーチにはさらにレアなポイントが存在。それは、5MT仕様だったのです。当時のマーチにはATやCVT、4MTなど、さまざまな変速機が用意されていましたが、マーチとしては高級な位置づけのマーチカブリオレの変速機はCVTと5MTも設定。とはいえ実際のところ、マーチカブリオレを新車で買った人のほとんどはCVTを選択していたようで、5MT仕様のマーチカブリオレはほぼ現物が存在しないという超レアカーでした。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1355027

 私は、この5MTのマーチカブリオレを手に入れるまでに、2年ほど中古車情報をチェックしていましたが、その2年の間に見かけたのは2台程度。しかも、そのどちらもCVTのマーチカブリオレと比べてかなり高い額で売られていました。

 ちなみに、ATよりMTのほうが中古車では高くなる傾向で、NSXのようなスポーツカーやマーク兇呂發舛蹐鵝▲戰鵐弔190Eのようにスポーツカーでなくても、5MT仕様のアンファングが人気だったりします。

 ですから、私が5MTのマーチカブリオレが無料という情報を見つけたときは、迷うことなくメールを送信。オーナーからの返事には「ホロはボロボロで、クラッチも交換したほうがいい」と書かれており、走行距離10万km以上のクルマのイメージ以上に傷んでいそうでしたが、それでも私は大丈夫だと判断し、陸送業者を手配したのです。

 こうして、私の元にやってきたマーチカブリオレ。正直、初対面するまでは「どうなることか」と思ったりもしたのですが、実際に見てみると、ホロの側面がボロボロという程度で、そこまで程度は悪くなさそうでした。

 しかし、いざ運転してみると、ちょっと動かすだけでも「ゴソッ、ゴソッ」という音がします。もしかしたら、自走するのが事実上不可能なほど程度が悪いのかと思い、そのまま近くのガソリンスタンドへ。

 スタンドのお兄さんは、すぐに状況を判断できたようで、呆れた様子で「鉄チンホイールにアルミ用のナットつけちゃダメですよ」と言いました。なんとこの届いたばかりのマーチカブリオレ、そのまま走っていたら、クルマからタイヤがいつはずれてもおかしくないという、とても危険な状態だったのです。

 とはいえ、この問題はすぐに解決できるレベルのもの。幸いなことに私は、以前マーチ用の純正アルミホイール(ミシュランタイヤ付き)をヤフオクで見かけた際、レアだと思って入手していたのです。ガソリンスタンドから歩いて家に戻り、ホイールをスタンドへ運んで装着してもらったら、ガタガタ音は一切なくなり、普通に走れるクルマになりました。

 その後、オートバックスで車検を受けた際も、以前の記事に書いたロールスロイスのように整備代が80万円ということもなく、一般的な額で無事終了。前オーナーがいっていたクラッチの状態も交換するほどではなく、整備は油脂類の交換程度という内容でした。

 ただ、ホロはボロボロだったため、雨が降ったら当然のように室内が湿ってきます。しかも、ホロとガラスの間のゴムパーツも傷んでいたため、そこから雨が車内に侵入。雨が降った次の日に運転席へと乗り込むと、小学校のころ、雨上がりの校庭に体育座りさせられた記憶が蘇るほどジンワリとしてきました。とはいえ、雨がやんだ後、屋根を開けて走るとそんな不愉快も一気に吹っ飛ぶほど、マーチカブリオレは気持ちのいいクルマだったのです。

 こうして、私はマーチカブリオレをもらってから2年間で、1万kmちょっと走行。無料でもらったこのオープンカーは、雨漏りするという以外、全く不具合なく走ってくれました。

 この希少な5MTのマーチカブリオレ、二度と手に入らなさそうですから売るかどうか迷ったのですが、まだまだたくさん乗りたいクルマがあった私は、次のクルマに乗り換えるために売却を決意。

 売れなくてもいいと思って試しにヤフオクに1円スタートで出したところ、見事に8万円で落札されました。ちなみに落札者はプロの方だったようで、マーチカブリオレを直接引き取って陸自にて一時抹消登録を行いたいとのこと。後日、名義変更済の書類が送られてきて無事に取引は終了しました。

 結果的に、私は無料でもらった車を8万円で売却。乗って、楽しんで、お金をもらえるという、得に得を重ねた体験となったのです。

 もちろん無料でもらったわけですから、8万円で売れなかったとしても、よほど整備にお金がかかったりしない限り、とてもお得に乗れるのは確か。そして、マーチカブリオレの愉快さは友達からもとても好評で、お金に代えがたい思い出もたくさんできました。

 「無料より高いものはない」という言葉がありますが、無料のクルマでも、このマーチカブリオレのように、とってもお得な代物も世の中には存在するのです。

【斉藤由貴生(さいとう・ゆきを)】
1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」(http://www.udedokeitoushi.com/)で執筆。母方の祖父はチャコット創業者、父は医者という裕福な庭に生まれるが幼少期に両親が離婚。中学1年生の頃より、企業のホームページ作成業務を個人で請負い収入を得る。それを元手に高級腕時計を購入。その頃、買った値段より高く売る腕時計投資を考案し、時計の売買で資金を増やしていく。高校卒業後は就職、5年間の社会人経験を経てから筑波大学情報学群情報メディア創成学類に入学。お金を使わず贅沢することのプロフェッショナルとして、「腕時計投資」を推奨している。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と、新刊の『もう新品は買うな!』がある