文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が7月6日にドイツのハンブルクで、トランプ米大統領、安倍晋三首相との3カ国首脳による夕食会に出席する。青瓦台(大統領府)関係者は29日、記者団に「同地で開催の主要20カ国・地域(G20)首脳会議を機に夕食会を行うことにした」と伝えた。文大統領の就任後、韓米日3カ国の首脳だけで集うのは初めて。

 青瓦台によると、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)もこれを発表したという。夕食会はトランプ氏が招待する形で開かれる。
 韓米日首脳の顔合わせは夕食会という席でもあり、3カ国首脳間の結びつきを強化する場になるとみられる。北朝鮮核問題を巡る3カ国の連携を話し合う可能性もないとはいえない。
 文大統領はドイツのメルケル首相の招きで来月5、6の両日に首都ベルリンを公式訪問し、首脳会談を行う。続いてハンブルクに移動し、7〜8日にG20首脳会議に出席する。文大統領は同会議に合わせ、米国と中国、日本などとの2国間首脳会談開催に向け調整中だ。
mgk1202@yna.co.kr