ボーンマスへ移籍したジャーメイン・デフォー【写真:Getty Images】

写真拡大

 イングランド・プレミアリーグのボーンマスは29日、サンダーランドに所属していたイングランド代表FWジャーメイン・デフォーの獲得が決定したことを発表した。

 サンダーランドは2016/17シーズンのプレミアリーグを最下位で終えて2部降格が決定。デフォーの契約には降格した場合に退団できる条項が設けられていたため、フリー移籍でボーンマスへ移ることになる。ボーンマスとの契約期間は3年間と発表されている。

 トッテナムで長年活躍したデフォーは、2014年にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCへ移籍したあと、2015年1月にサンダーランドに加入してプレミアリーグ復帰。過去2シーズン連続でリーグ戦15得点を挙げる活躍を見せたが、昨季はチームを降格から救えなかった。

 ボーンマスには2000/01シーズンにウェスト・ハムからの期限付き移籍で在籍したことがあり、16年ぶりの再加入となる。当時18歳だったデフォーは3部リーグで29試合18ゴールという活躍を見せ、10試合連続得点のクラブ記録も樹立していた。

「戻ってくることができて素晴らしい気分だ。この挑戦を本当に楽しみにしている。ボーンマスからの話が来た時、正しい選択だと思った。決めるのは簡単だった」とデフォーは入団にあたりコメントしている。

 デフォーはサンダーランドでの活躍により、今年3月には3年4ヶ月ぶりにイングランド代表にも復帰。来年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場にも意欲を見せている。プレミアリーグでのプレー続行が決まったことで、W杯出場への道も広がることになるかもしれない。

text by 編集部