【詳細】他の写真はこちら

ちょっとした村が作れそう。

キャンプ用品としてはおなじみのテントですが、大人数で複数のテントを設営すると、その間で連絡を取るのが意外と面倒。そんな悩みを一挙に解決できそうな、横につなげていくらでも内部空間を広げられるテント『RhinoWolf』のクラウドファンディングプロジェクトがIndiegogoに登場しました。

どんどんつなげて巨大テントに!







『RhinoWolf』は単体でも立派なテントとして機能しますが、複数個をジッパーで横につなげればご覧の通りの巨大テントに変身。内部は遮るもののない巨大空間になるので、仲間たちと一緒に宿泊すれば盛り上がること間違いなしです。ちなみに、単体で設営した際のサイズはなお、長さ216☓幅70☓高さ96cmと、一人で使うには十分なサイズ。。

便利なオールインワン設計





合体機能のほか、エアマットレスと寝袋が内部にセット済みのオールインワン設計にも注目です。10〜15回息を吹き込んでマットレスを膨らませれば地面の冷たさやデコボコ気にすることなく就寝できますし、寝袋が就寝中の体温を保ってくれます。寝袋は夏用の軽快なものからマイナス10℃まで耐えられる4シーズン用まで選択可能とのこと。

気軽なキャンプに一ついかが?





『RhinoWolf』なら、寝袋、エアマットレス、テントそれぞれをバラバラに持ち運ぶよりも荷物がかさばりませんし、テント1つあたりの重量はわずか約2.5kgと非常に軽量。持ち運べる荷物が限られるバイクツーリングでのキャンプに利用するのもよさそうです。

『RhinoWolf』は現在も開発資金を募集しており、プロジェクトが成功した暁には169〜329ドル(約1万9000円〜3万7000円)の支援で入手可能となっています。製品の出荷時期は2017年11月を予定しているとのこと。日本からの支援も可能で、製品の発送にも対応してくれるようです。

文/塚本直樹

関連サイト



『RhinoWolf』プロジェクトページ(英語)