北朝鮮の対韓国宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会のスポークスマンは29日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、文在寅政権が「挑発的な北侵戦争演習に狂奔している」と非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

スポークスマンは、「南朝鮮執権者は23日、われわれを狙った弾道ミサイル試射を直接参観して『北のミサイル挑発高度化』だの、『対話も強い国防力があってこそ可能』だのと力説し、これに対してかいらい当局と保守メディアは『対北警告メッセージ』とけん伝している」と指摘した。

つづけて、「これは、北南間の軍事的緊張状態を解消するためのわれわれの真心こもったアピールに対する正面切っての挑戦であり、米国の反共和国侵略戦争策動に加担する反民族的犯罪行為である」「米国に軍事主権まで奪われたかいらいなどがいわゆる『自主国防』をうんぬんしてわれわれに立ち向かってみるということ自体が身の程も知らない笑止千万な醜態である」と非難した。

さらに、「南朝鮮当局が心から北南対話を願い、平和を望むなら、民族の主敵である米国にこびへつらい、保守勢力の機嫌を取って自ら自分の墓を掘る軍事的対決妄動に執着するのではなく、わが民族同士の精神を持って北南間の軍事的緊張状態から解消すべきだというわれわれの愛国・愛族的アピールに呼応しなければならない」と主張した。