Appleが発表した拡張現実(AR)アプリ開発キットARKitを使った、民泊サービスAirbnbの部屋の貸し手も宿泊者もハッピーになれるアプリのコンセプトが公開されました。室内の設備類の使い方をARで確認できます。

文章と動画で設備の使用方法を解説

ARKitを使った、Airbnb用の宿泊者用マニュアルアプリのコンセプトを公開したのは、デザイナーのイシル・ウズム氏です。
 
部屋の貸し手であるホストは、説明を追加したい設備にアプリで「ピン」をつけ、使い方の説明を文章だけでなく動画で追加することが可能です。
 

 
部屋に滞在するゲストは、使い方を知りたい設備の位置を画面上で知ることができ、文章や動画で使い方の解説が受けられます。
 
さらに、外国人が利用する場合に対応するため、アプリ内での翻訳機能も搭載されています。
 

ARアプリのデモも続々と公開

6月初めのWWDC 17でiOS11とあわせて公開されたARKitを活用したアプリは、世界の開発者たちが制作に取り組んでおり、公開から1週間あまりでデモ動画が続々と公開され始めました。
 
さらに、最近ではARKitを使って開発された、空間内の距離を正確に測定できるアプリや、人気ゲーム「マインクラフト」の世界を再現したアプリのデモ動画も公開されています。
 
iOS11では、純正のマップアプリのFlyover機能に、ARKitを活用した「VRモード」が追加されることが分かっています。

 
 
Source:Cult of Mac
(hato)