“死者たちの世界”描いたピクサー最新作特報

写真拡大

ディズニー/ピクサーが陽気な“死者たちの世界”を描いた最新作「リメンバー・ミー」。その特報が、このたび解禁となった。

本作の主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。

今回解禁となった特報は、家族に見つからないよう憧れのミュージシャン、デラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち――。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか? すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

イマジネーションの無限の可能性を追求し、“おもちゃの世界”(トイ・ストーリー)から“頭の中の世界”(インサイド・ヘッド)を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは? ピクサーならではの、驚きたっぷりの映像になっている。

「叶えたい夢があるなら、音楽の力を信じるんだ!」

「リメンバー・ミー」の重要なキーワードの1つは“音楽”。音楽といえばディズニー・アニメーションが得意としているが、ミゲルのセリフでも「音楽の力を信じる」という言葉や、本作の日本語タイトルにもなっている作中の“リメンバー・ミー”という曲など、ピクサー史上初めて“音楽”が重要な意味を持つことになった作品でもある。

そんな本作の制作陣にはピクサー・スタジオの精鋭が集結。製作総指揮にジョン・ラセター、そのエモーショナルすぎる展開で世界中を涙させている名作「トイ・ストーリー3」を贈りだしたリー・アンクリッチ監督、プロデューサーのダーラ・ K・アンダーソンの2人。この名タッグが7年ぶりに生み出す最新作は、2人が得意とするファンタジックなストーリーと音楽で涙なしには観られない感動作となること間違いなしだ。

映画「リメンバー・ミー」は2018年3月16日全国公開。

☆ジョン・ラセター コメント

メキシコの祝日で先祖たちを大切に思い出し彼らがこの世に戻ってくるのを祝福するお祭りの“死者の日”。ジョン・ラセターは「どの国でも変わらない普遍的な事柄で、日本では『お盆』にあたる風習」と語っている。

また、テーマについては「私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。『リメンバー・ミー』は、あなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとっても、とても特別な作品になると思います」とコメントを寄せた。