マレーが腰の痛みのため、もうひとつのエキジビションも辞退

写真拡大

 アンディ・マレー(イギリス)が腰の痛みのため、ウィンブルドン前に出場を予定していた他のエキシビションへの出場も取りやめた。

 金曜日にロンドンのハーリングハム・クラブで、アスパル・テニス・クラシックのエキシビションマッチをプレーする予定だった世界1位のマレーは、痛みのある腰を休める必要があるのだと説明した。これに先立つ火曜日に、彼は同じ問題で、ルカ・プイユ(フランス)とのエキシビションマッチを棄権していた。

 ウィンブルドンは月曜日に始まり、マレーは前年度優勝者としてタイトル防衛に挑むことになる。

 このグラスコート上のグランドスラム大会に向けての準備期間に、マレーは先週、クイーンズ・クラブでの「AEGON選手権」に出場し、そこで初戦負けを喫していた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はウィンブルドン前のエキシビションマッチ出場を取りやめたアンディ・マレー(イギリス)(写真◎Getty Images/AEGON選手権でのもの)
Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 20: Andy Murray of Great Britain plays a backhand during the mens singles first round match against Jordan Thompson of Australia on day two of the 2017 Aegon Championships at Queens Club on June 20, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)