台湾海軍所属の米国製の軍艦。台湾北部・基隆の海軍基地で(2015年12月17日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権は、総額13億ドル(約1500億円)相当の武器を台湾に売却することを承認した。米政府当局者が29日明らかにした。中国の怒りを買うのは必至とみられる。

 同当局者によると、トランプ政権は台湾に対する武器売却7件について、米議会に正式に通知した。アナログからデジタルへの防衛システムの刷新など「台湾の防衛ニーズに対する評価を踏まえた」ものだという。

 この当局者は、中国政府が堅固な中米関係の前提条件としている「一つの中国」政策については、これをかねて支持してきた米国の方針に「変わりはない」と強調した。

 米国が前回台湾に武器を売却したのは2015年12月。
【翻訳編集】AFPBB News