多忙すぎる彼…ハートをがっちりつかむ「時短デート」のコツ

写真拡大



「ごめん、仕事が忙しくて…」なかなかデートの時間をとることもできない彼。少しの時間でも会いたいと思うものの、短時間で楽しめるのか、彼との関係をさらに深められるのかと言われれば、ちょっと自信がない…という女性もいるでしょう。

実は、会える時間が短く、別れの名残惜しい「時短デート」だからこそ、うまくすれば彼にもっと好きになってもらうことができます。ここでは、彼のハートをがっちりつかむ「時短デート」の必勝法をご紹介しましょう。

■■手土産を用意する

会える時間が限られているときは、彼にプラスの印象を残すことが大切です。そのためにも、ちょっとした手土産を持っていくのは効果的。クッキーや小さなカップケーキなどをささっとラッピングして持っていくだけでも、彼は大喜びしてくれること間違いなし。時間があれば手作りできればさらに良いですね。

彼は忙しい仕事の時間の隙間に癒しを感じ、「忙しいけど会いたいなぁ」「そのためにも仕事頑張って終わらせるぞ!」と気合いを入れてくれるでしょう。手土産は豪華なものは彼の負担になってしまうのでNG。メッセージカード、お菓子など手軽に癒されるものがグッドです。

■■短時間でも思い切りお洒落をする

時間が短いからといって、お洒落に手を抜いてはいけません。むしろ、時間が短いからこそ彼のなかでいいイメージを持たせておくためにもとびきりのお洒落を心がけましょう。特に、ふんわりと香る香水は印象を残すのにぴったり。手土産にもシュッと香りをまけば、あなたと会っていない時間にも思い出して癒されることができるでしょう。最高の状態のあなたを見せられるよう、気合いを入れてくださいね。

■■上手に寂しさをアピール

今回は時短デートでも、本当はゆっくり会いたいし、毎週会いたいという気持ちもありますよね。なら、短い時間のなかでも上手に寂しさをアピールしましょう。このとき「会えなくて寂しい」「連絡もとれなくて悲しい」とマイナスな感情にフォーカスして伝えるのではなく、「もっと一緒に過ごせたら嬉しいな」「明日も一緒にいられたら幸せだろうな」などと前向きな言葉を使うのが◎。彼は彼女のことをいつだって喜ばせたいと考えています。そんな男ゴロコを上手にくすぐりましょう。

■■最後は笑顔で彼を癒す

時短デートならなおさら別れは名残惜しいものですが、別れ際は笑顔でバイバイをしましょう。彼も彼女と離れるのを寂しいなと思っているはず。お互いに寂しいと言い合うよりも、「お仕事頑張ってね!」「少しでも会えて嬉しかったよ、またね!」と笑顔で彼を送り出すほうが明るい気持ちになれて、彼も癒されるはず。涙を浮かべるよりも笑顔を浮かべ、一緒にいる時間が少しでも幸せだと伝えましょう。

■おわりに

愛情の深さは、一緒に過ごす時間の長さで決まるわけではありません。短い時間のなかでも伝えられる言葉や伝わる気持ちはあるはず。前向きにとらえて彼のハートをがっちりつかみましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)