男性が「本命女性」にしか見せない脈ありサイン

写真拡大

最近いい感じの男性。これは本命? それとも遊び……? そんな男性の本音を知りたい女性のために、男性心理を徹底解剖! 本命女性に見せるサインと遊びの女性に見せるサインを、それぞれの状況別にご紹介します。また、本命に昇格するためのコツを心理コーディネーター・織田隼人さんに解説してもらいました。

■男性心理を徹底解剖! 本命女性に見せる脈ありサイン

気になる男性の本音がわからず、右往左往する女性たち。理解不能に思えることも多いですが、男性も女性と同じ人間です。「隠そうとしても隠し切れない本命へのサイン」が見え隠れすることもあるはず。あとは女性が、それを敏感にキャッチするだけかも……!? ここでは、脈アリサインの詳細について、男性たちの本音をご紹介していきます。

◇LINE・電話編

☆絵文字アピール

・「絵文字顔文字は本命にしか使わない」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「本命にだけは絵文字やスタンプを送る」(34歳/その他/専門職)

☆マメなやりとり

・「本命女性には、頻繁に連絡を送る。自分を心にとどめてほしいので、なんとかして印象づけようとするから」(30歳/その他/その他)

・「本命以外の女性よりも連絡を取る頻度が多い」(38歳/その他/その他)

☆デートに誘う

・「内容はポップ。『今度、映画に行かない?』といった遊びに行こうよ的な内容」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『今度遊びに行こっか』と言った感じの断られてもいいような連絡をする」(33歳/その他/その他)

☆声が聞きたくなるのは……

・「本命女性だけに対して直接電話する」(27歳/不動産/営業職)

・「LINEは、みんなにすることが多く、本命の女性は、電話することが多い」(34歳/その他/事務系専門職)

☆「連絡をする」こと自体がサイン

・「本命じゃない人には基本連絡をしない」(37歳/人材派遣・人材紹介/その他)

・「特に決まってない。というよりは、興味ない人には返信しないので返信するか否かだと思う」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「最近、特別な理由もないのに、連絡が増えたな」と感じたら、それが本命相手に向けたサインなのかもしれません。また、LINEより電話のほうが本命の可能性が高いようです。

◇デート編

☆積極的にエスコート

・「バッグを持つなど、いろいろと助けてあげるようにする」(27歳/自動車関連/技術職)

・「荷物を持ってあげる、家まで送ってあげる」(30歳/電機/技術職)

☆楽しませようと努力する

・「相手が喜んでくれるよう楽しんでくれるよう最大限努力する」(29歳/その他/その他)

・「今日という日を最高にするために努力する」(39歳/運輸・倉庫/その他)

☆おごる

・「ソフトクリームや歩きながら食べられるものを買い与える」(35歳/情報・IT/営業職)

・「ウィンドウショッピングなどで相手の目線からほしいものを考えて買ってあげる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

☆ボディタッチ

・「腕を組んだり、頭をなでたりなどの行動」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「ボディタッチ。といっても、手を握って街中を歩こうとする」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

☆カッコつける

・「服装などをいつもよりいい服装をする」(38歳/その他/その他)

・「カッコつけたり取り繕ったりするんだと思う」(29歳/その他/その他)

本命とのデート中は、男性にとって腕の見せどころなのでしょう。相手の気を引くため、さまざまな努力を重ねているようです。男性が「がんばってくれている!」とわかったら、期待してもいいかもしれません。

◇行動編

☆とにかくやさしく

・「基本的には女性にはやさしくというのが自分のモットーですが、本命の女性にはおそらく無意識によりやさしく・ていねいに接すると思います。あとは普段は消極的ですが、率先して近くの駅まで送るなど積極的な行動をとると思います」(36歳/その他/その他)

・「自然とやさしい仕草をする・気づかうことが増えますね」(37歳/学校・教育関連/事務系専門職)

☆さりげなく接近

・「少しずつ体と体の距離を近くして心の距離を近づけるようにする」(33歳/その他/その他)

・「手をつないだりして距離感を縮める」(36歳/その他/事務系専門職)

☆見つめる

・「可能な限り相手の目を見て話す」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

・「気がつくとその人のほうばかりを見ていて、何に笑ったのか、どんな言葉にムッとした表情をしたのかなどをつぶさに観察してしまう」(39歳/その他/クリエイティブ職)

☆無理をする

・「無理して全部お金を出したり、普段行かない店に行ったりするのでは」(29歳/その他/その他)

・「割と高いプレゼントを贈るようにする」(35歳/情報・IT/技術職)

☆緊張もサインのひとつ!

・「気に入った女性がいると緊張してまともに会話することができない」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「特に何も。ただ、緊張して動作がギクシャクするかも」(28歳/その他/その他)

本命相手のことは、ついつい見つめてしまう人も多いようです。また、やさしさや気配りで上手にアピールできる人もいますが、反対に、緊張から思うように行動できない人も。ぶっきらぼうだからといって、脈がないわけではなさそうですよ。

◇会話・セリフ編

☆女性の趣味に関心を示す

・「彼女が興味ある話題を事前にリサーチし話しまくる」(35歳/情報・IT/技術職)

・「できるだけ、芸能人や恋愛などの女性が好きそうな会話を心がける」(31歳/機械・精密機器/技術職)

☆気づかいの一言

・「会話の終わりに相手の健康を気づかうような言葉をかけます。『ゆっくり休んで』など」(30歳/その他/その他)

・「歩くのがしんどくないかや寒くないかなどていねいに扱う」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

☆一歩踏み込んだ会話を

・「普段の生活や仕事に対する考え方をより深く聞き出す」(39歳/その他/専門職)

・「家族の話。本命にしかしない人が多いから」(38歳/金融・証券/専門職)

☆積極的に情報開示

・「自分の内面のことを話したり悩みを話したりする」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚を意識しているんだよねとか、結婚願望が強いことを言うようにしています」(33歳/その他/その他)

☆愛の言葉

・「好きだよ、愛してるよ、かわいいよを連発する」(39歳/その他/その他)

・「愛してるは絶対言う。2人だけのときは、ハニーと呼ぶ」(39歳/その他/技術職)

本命女性のことは、なんでも知りたくなるのが男性側の本音なのでしょう。あの手この手で、関係を深めようとする意見が目立ちました。一歩踏み込んだ話ができる人とは、真剣に将来を考えてもよさそう。

■遊びの女性に見せるサインとは?

本命に見せる独特のサインを知ったら、次に気になるのが「単なる遊び相手」に対するサインです。知りたいような、知りたくないような……! さあ、傷を深くしないためにも、勇気を出して男性の本音を探っていきましょう。

◇LINE・電話編

☆適当な内容で

・「適当なことを言ったり、一芝居を打っておくようなLINEをしておく」(23歳/その他/その他)

・「特に考えずに適当に送る。引っかかればラッキーくらい」(34歳/商社・卸/営業職)

☆ヒマなときに

・「既読無視だったり返信がおろそかになってしまうけれど、思いついたときにメッセージを送る」(33歳/その他/その他)

・「自分の都合のいいときにだけ連絡をとることが多い」(38歳/その他/その他)

☆下ネタ多め

・「恥ずかしい話をする」(36歳/その他/その他)

・「下ネタなど、友だち感覚で話をする」(27歳/その他/その他)

「絶対に嫌われたくない」本命とちがい、「嫌われても構わない」と考えるのが遊び相手の特徴です。甘いセリフを言われたからといって、舞い上がらないように気をつけたほうがいいのかもしれません。

◇デート編

☆からかう

・「いたずらでからかったりなどの当たり障りのない内容」(35歳/医療・福祉/専門職)

☆早めに帰宅

・「遊びの女性に対してはなるべく適当にきりあげようとする」(27歳/その他/その他)

・「面倒くさいのであまり長くデートをしない」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

☆適当な相槌

・「彼女がする話をあまり真剣に聞いていない。あ〜そうだね〜という相槌が多くなる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「相手の発言を、あまり真剣に聞かない」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

☆わがままを言う

・「遊びなので、ある程度自分のペースで行動したり、自分のわがままも言ったりする」(31歳/その他/その他)

・「自分の好きな話とか自分のことしか話したりしない」(28歳/その他/その他)

☆自分の欲望最優先

・「やたら体を触る。ボディタッチ多め」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「ベタつく、触る。相手をあんまり気にしない」(30歳/医療・福祉/専門職)

いざデートとなると、相手よりも自分中心に考えてしまう男性が多いよう。こんな相手とのデート中は、女性側も「何かがちがう」と感じるはず! その直感を大切にしたほうがよさそうです。

◇行動編

☆軽いノリで誘う

・「軽いノリで誘って食事したりして本命用の予行演習とする」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「昼間は会わずに飲みに行くだけが多いかも」(31歳/自動車関連/技術職)

☆割り勘

・「デート代を割り勘にしようとするなどの、あまりお金をかけた行動をとろうとしない」(38歳/その他/その他)

・「食事代などは割り勘で払うようにする」(38歳/印刷・紙パルプ/その他)

☆自分から連絡しない

・「こちらからは一切連絡しないかな」(36歳/その他/事務系専門職)

・「LINEやメールを数日返さない」(39歳/建設・土木/営業職)

相手のことをぞんざいに扱うという意見が多数ありました。冷静に考えれば、彼の気持ちは一目瞭然! とはいえ、自分自身で判断するのは難しいものです。こんなときには、冷静な第三者に判定してもらうのもオススメです。

◇会話・セリフ編

☆当たり障りのない会話

・「身近な話題や、なにげないことなどを会話する」(38歳/その他/その他)

・「個人情報など深い話はせずに浅く広く話す」(32歳/情報・IT/技術職)

☆自己保身に走る

・「自分には本命が別にいるとさりげなくにおわせる」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「脈はないとさりげないアピール」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

☆「また今度」が定番フレーズ

・「会う約束をするときにまた今度と言って、先延ばしにするときがある」(39歳/その他/技術職)

・「条件、日程など具体的な交渉に入らない」(35歳/マスコミ・広告/営業職)

遊び相手の女性とは、踏み込んだ話や明確な約束を一切せず、都合のいい扱いになることが特徴だと言えそうです。こんな場面を想像するだけで、なんだか切なくなってしまいます。

■本命に昇格するコツ・5つ

最後に、本命に昇格するコツについて、男女の心理にくわしい織田隼人さんにアドバイスをもらいました。

☆言葉づかいをキレイにする

遊びの恋愛は、遊びだからこそ「彼に許容されている」状態です。あなたがわがままを言っても、本命じゃないからこそ許されるし、汚い言葉を使ってもスルーされます。しかし、本命になるには、彼が本命と認める女性になる必要があります。まず、最初にやるべきことは「ていねいな言葉」を使うことです。礼節を持って彼に接するように、少し頭を切り替えてみましょう。そうすると、彼もあなたの成長と変化に気づき、少し気になりはじめます。

☆彼を楽しませる

本命の彼女以上に“いい女”になることが、本命になる一番の秘訣。そのためには、彼を一番楽しませてあげられる女性になることです。一緒にいる時間は、あなたもしっかりと楽しみつつ、彼も楽しめるように心がけましょう。たとえば、デートひとつとってみても、自分から楽しい場所を探して、それを彼に提案するなど「彼が楽しいと思える時間」を自分からつくることが大切です。彼があなたといる時間を楽しむようになると「離れたくない」という気持ちになり、徐々に本命化していきます。

☆愛していると伝える

自分が遊びの女性とわかっているときほど、好きな気持ちを相手に伝えることに対して、恐怖心を持ってしまうもの。しかし、そこを乗り越えて、自分が相手のことを好きであること、そして本気であることを伝えたほうが相手は本気の気持ちを返してくれやすくなります。「好き」という言葉だけではまだ軽いので、もっと重い「愛している」という言葉をあえて彼に伝えてみましょう。

☆ポジティブな言葉をたくさん使う

“彼がいることによって幸せである”ことを、彼に伝えましょう。男性は、誰かを幸せにしていることがわかると、それを自信の源とします。なので、あなたが楽しんでいることやうれしい気持ちを言葉にして伝えていきましょう。言葉に出すことで、彼はあなたを幸せにしている実感がわいてきます。そして、彼はあなたのことを大切に思うようになります。

☆嫌なことは断る

いわゆる「尽くしすぎる女」にならないように気をつけましょう。彼を楽しませるために、自分から行動するのは大事ですが、彼の言うことをすべて聞く必要はありません。嫌なことを断ることで、「対等」な関係になれます。

■まとめ

好きな男性が自分のことをどう思っているか気になるときは、ぜひ今回ご紹介した「脈ありサイン」をチェックしてみてくださいね。また、自分が男性にとって「本命女子」ではなかった場合、織田さん直伝の「本命女子に昇格するコツ」を試してみてはいかがでしょうか。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

(※)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年6月8日〜2017年6月9日
調査人数:300人(22〜39歳の男性)