Photo by Hiroki Kondo/REAL

写真拡大

 中学生プロ将棋棋士である藤井聡太四段(14歳)は歴代最多連勝記録を30年ぶりに塗り替える1週間前の6月18日、大阪市内のホテルに向かった。この日の相手は囲碁界の国内最強棋士、井山裕太六冠(28歳)だ。異種格闘技で対局を挑んだわけではない。盤を挟まない対談である。

 偉大な先輩を出迎えるべく、30分前に対談会場入り。前日も対局したばかりだが、空いた時間はやっぱり将棋。スマートフォンで将棋を指していると、井山六冠も早々に現れた。

 両棋士とも忙しい日々だが、とりわけ藤井棋士はプロ1年目。連勝を続け日本中から注目を浴び、慣れない慌ただしさの最中にある。そんな時期だからこそ、今回の対談には意味があった。

 時間的な制約が増えた藤井四段は、高校進学をどうするかを迷っている。プロとなった以上、将棋界の8大タイトル戦(竜王、名人、叡王、王位、王座、棋王、王将、棋聖)での優勝という目標がある。

 12歳でプロ入りした井山六冠は、16歳4カ月で囲碁界史上最年少でのタイトル戦優勝、26歳で史上初の7大タイトル戦(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)同時制覇を成し遂げた。その生き様は道標となり得る。

 進学に対する決断、タイトルの獲得、防衛、失冠、奪回──。井山六冠は、自らが直面した葛藤や人生の決断を惜しむことなく明かした。藤井四段も呼応するように胸中を語った(対談司会はジャーナリストのタカ大丸氏)。

井山 将棋は四段からプロですけど囲碁は初段からで、私は中学入学と同時にプロデビュー。中学時代も囲碁でそれなりの成績は残せても、まだプロとしてやっていけるか不安が付きまとっていました。囲碁界では高校に行かない人が結構いて、大学まで出られる棋士はかなり少ない。だから高校進学せず囲碁に専念するという選択には全く迷いがなかった。せっかく自分の一番好きなことを職業にできて、この時期は今後の棋士生活にとって非常に大事な時期だから、ここは精いっぱい囲碁に専念して悔いのないようにやってみたいという思いが強かったです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)