絶景と温泉では群を抜く平湯温泉だが、観光客の減少に頭を悩ませている   Photo by Konatsu Himeda

写真拡大

アルプスの“西”と“東”が
タッグ目指し意見交換会を開催

 新宿バスタから濃飛バスに乗って4時間半、飛騨の山奥で観光をめぐる会合の開催に招かれた。題して「乗鞍岳広域意見交換会」。乗鞍岳の東の長野県と、西の岐阜県がタッグを組んで地域連携に取り組もうと、初めて設けられた意見交換の場である。当日は岐阜県側の奥飛騨温泉郷平湯温泉と、長野県側のアルプス山岳郷のメンバー、総勢40人が集った。

「過去には互いの観光地の状況を探り合うような状況で、その関係はライバルにも近かった」と参加者の一人は話す。「だが、平湯温泉側もアルプス山岳郷側も『観光客が減少している』という悩みは同じ」(同)。そこで「山の東と西でタッグが組めるのでは」と会合を開いた。まさに“郷土史に残る劇的な一歩”である。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)