「トイ・ストーリー3」監督の7年ぶりの新作 (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー/ピクサーの最新作「リメンバー・ミー」の特報と新画像が公開され、死者の国に迷い込んだ主人公ミゲルが、ガイコツになった先祖たちと出会う様子を確認することができる。

 メキシコの祝日「死者の日」を題材に、一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルの冒険を描く。「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ監督とプロデューサーのダーラ・K・アンダーソン、そして製作総指揮のジョン・ラセターが7年ぶりにチームを組み、誰も見たことのない死者の世界をスクリーンに描く。

 特報では、音楽への思いを募らせるミゲルが、憧れのミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことから、美しい死者の国へ迷い込み、ガイコツになった祖先に出会う姿が描かれる。常にイマジネーションと驚きに満ちた映画を生み出してきたピクサーが描く“死者の世界”は、ろうそくの明かりのような温かみのある光に包まれており、優しい祖先たちをはじめ、陽気でユーモラスなガイコツたちが生き生きと動き回る。

 また、「かなえたい夢があるなら、音楽の力を信じるんだ」というミゲルのセリフが象徴するように、ピクサー史上初めて音楽が重要な意味を持つという。なぜミゲルが選ばれたのか、果たして元の世界に戻れるのか。すべての謎を解く鍵は、邦題にもなっている、デラクルスの名曲“リメンバー・ミー”に隠されているそうだ。

 ラセターは、題材となった「死者の日」について、「どの国でも変わらない普遍的な事柄で、日本ではお盆にあたる風習」と解説。「家族の思い出を風化させないこと、次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくこと」が本作のテーマだと語り、「あなたの家族や祖先を称える、とてもエモーショナルな映画で、日本の皆さんにとっても特別な作品になると思います」とコメントを寄せている。

 なお、「リメンバー・ミー」の全国公開日は、当初の12月23日から2018年3月16日に変更されている。