10年ぶりにチャンピオンシップ降格のサンダーランドが新指揮官にグレイソン氏を招へい

写真拡大

▽サンダーランドは29日、イングランド人指揮官シモン・グレイソン(47) を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は3年間。

▽グレイソン氏は、リーズ・ユナイテッドやレスター・シティ、アストン・ビラなどでプレー。現役引退後は2005年から選手兼監督を行っていたブラックプールの指揮官に就任。その後は、古巣のリーズ・ユナイテッドやハダースフィールド、プレストンを指揮。2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部) でプレストンを率い11位でフィニッシュしていた。

▽サンダーランドは、昨夏にデイビッド・モイーズ氏を招へいしたが開幕から低迷すると最後まで立て直しを図れず、最下位(6勝26敗6分け)で10年ぶりのチャンピオンシップ降格が決定。一時はモイーズ氏の続投が噂されたが、5月にクラブが同氏が辞任を発表していた。