そのメッセージでドキドキできる?オトコが「寝る間も惜しんで返信したくなる」LINE5例

写真拡大

頻繁に友人とLINEを交わす女性と反対に、男性は目的のない雑談が続くLINEを得意としません。
彼氏や意中の相手とのLINEを続け、相手を夢中にさせるには、一体どのようにしたら良いのでしょうか。

今回は男が寝る間も惜しんで夢中になるLINEの特徴についてご紹介します。

●(1)いつ返信がくるかわからない!気まぐれLINE

『返信来る時間が読めないと、やたら気になって眠れないです。特に既読スルーされた日には気になってもうダメ』(29歳/コンサル)

「返事はすぐにしちゃダメ」と意中の相手に送る返信の適切なタイミングについて歌った曲があるように、LINEも適切な返信タイミングがあります。
意中の相手からLINEがくると、嬉しくてすぐ返信したくなってしまう気持ちもわかりますが、ぐっと我慢して少し時間を開けるようにしてみましょう。
すると男性は「まだ返信がこないな…」とあなたのことを考えるようになり、気づけばあなたの返事を待って夜更かししていた…! なんてことに。

意中の相手からのLINEこそ、少し”寝かせて”返信してみましょう。

●(2)会うのが楽しみ!デートの予定を決めるLINE

『日にちが近いアポは早めに確定させたいです』(27歳/営業)

「会話には目的があってこそ」そう考えている男性も少なくありません。
そのためいつまでも続く雑談には耐えられず、気づけば既読無視されていたり「おやすみ?」とLINEを終了させられてしまったり。
このような事態を避けるためには、やはり目的のあるやりとりをするのが一番 です。

手っ取り早いのは、デートにお誘いしてみること。
「美味しいビールのお店があるから、行ってみない?」など、相手に「予定を決めるためのLINEだな」と思わせることができれば、そこからLINEを続けることが可能です。

LINEできるだけでなく、次に会う予定も取り付けられる、ちょっと勇気がいるけれどリターンの大きい方法です。

●(3)「俺に気があるのかな?」思わせぶりなLINE

『返信したくなっちゃうしドキドキして眠れなくなります』(32歳/インストラクター)

男性も女性も、一番ドキドキするのは「あの人、俺(私)に気があるのかな?」という瞬間。
自分に気があるようにも取れるLINEがくると、思わず返信したくなってしまいますよね。
「今暇?○○くんのことをふと思い出してLINEしちゃった!」などとちょっと積極的なLINEを送ってみると、かなりの確率で長くLINEが続けられるのでおすすめです。

男性を夢中にするLINEはズバリ、「ドキドキするLINE」なのです。

●(4)自分の話が一番楽しい!質問が多めのLINE

『自分に興味持ってくれてるのは嬉しいです、何でも聞いてほしい』(32歳/不動産)

男女問わず、自分の話をしている時は楽しいものですが、男性は特にその気持ちが強い生き物です。
男性とLINEで盛り上がりたい時は、男性の話をメインに進めるのが懸命 です。
内容は男性の趣味の話やよく行くお店のことなど、どんなネタでも問題ありません。

「それって○○なの?」など最後を質問で締めくくるようにして、男性が自分のことや自分の身の回りのことを存分に話せるようにセッティングすることで、男性は楽しくLINEが続けられます。

とはいえあまりにも多すぎる質問や、答えるのが面倒臭いような質問は嫌われてしまいがちなので、注意しましょう。

●(5)なんだかんだ楽しい!恋愛トークLINE

『恋愛トークしてる時が一番ワクワクします、女の子の赤裸々な話を掘り起こしたい』(26歳/IT)

男性も女性も大好き!な恋愛トークは、LINEを一層盛り上げてくれます。
まだそこまで親しくない場合は、好きなタイプについてや、理想の結婚相手についてなど、ふわっとした恋愛観を聞いてみる のがいいかもしれません。
よっぽど自分に興味がない男性でなければ、LINEが途切れることなく深夜まで続く…ということもありえますよ。

LINEを楽しみつつも、「もしかして俺に気があるのかも?」とドキドキさせられるのが、恋愛トークのいいところです。

----------

以上が、男が寝る間も惜しんで夢中になるLINEについてでした!
男性ともっとLINEをしたい!という時には、これらの話題を振ってみましょう。

スマホから離れられないくらい男性を夢中にすることができるかもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)