スーパー緑黄色野菜ケールは、ここまで美味しく楽しめる!

写真拡大 (全3枚)

梅雨や夏は食欲が落ち、栄養補給もつい面倒になりがち。そこで便利なのが、コールドプレスジュースやスムージー、そして青汁です。なかでも「スーパー緑黄色野菜」とよばれるケールを絞った青汁は、飲んだことはないけれど気になっていました。
そんな中、国産ケールを使ったおしゃれな特別メニューが、すべて無料で試せるという話が舞い込んできたのです。
甘酒×青汁、りんご酢×青汁も

それは表参道沿いの「ベーカリーカフェ426」にて、2017年6月30日(金)から7月9日(日)までの期間限定で開催される、キューサイ初のポップアップストア 『Q'SAI Kale Cafe (キューサイ ケール カフェ) 表参道』でのこと。

こちらでは「ビューティ&ヘルシー」のコンセプトにあわせ、美容や健康に良いと言われる「りんご酢」、「ブルーベリーヨーグルト」、「ハーブティー」、「甘酒」とブレンドされた全4種類が無料試飲できるとか。しかもブレンドされているのは、自然の甘みが味わえる、越冬ケール100%で作られた「Kale de Kale」だそう。この「Kale de Kale」そのままの味を試飲できる特設ブースもあります。
でも甘さを感じるケールって、いったいどんなものなのでしょうか。
イチゴと同じくらい甘いケールもある
苦くても人気があるケールの青汁。理由の1つに栄養価の高さが挙げられます。トマトと栄養価を比較※1すると、β-カロテンが約5倍、ビタミンCが約5.4倍、カリウムが約2倍、食物繊維が約3.7倍、カルシウムが約31倍です。また、ルテインや葉酸といった美容と健康づくりに必要な栄養もたっぷり含まれているんです。
ビタミンKも入っているので、ワーファリンを服用中の人は要注意です。そうでなければ、たしかに苦くても飲んでみたくなる数字です。でも今回の試飲では、その苦さも気づかないかもしれません。なぜなら越冬したケールは、霜や雪から身を守るために果物であるイチゴと同じくらい甘くなると言われているから。
そんな飲みやすいケールをさらにおいしくいただけるのが、このイベントの魅力といえそう。表参道ショッピングのついでにぜひ立ち寄りたいと思います。
※1 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

「Q'SAI Kale Cafe 表参道」 オープン期間:2017年6月30日(金)〜7月9日(日) 営業時間:11:00〜19:00 住所:東京都渋谷区神宮前4-26-18 「ベーカリーカフェ426 表参道」 電話:03-3403-5166 (受付時間: オープン期間中 各日 11:00〜19:00まで)※7/10(月)以降は利用できません。