『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

写真拡大 (全2枚)

高度な知能を得た猿たちの反乱による人類の文明崩壊と、猿と人類との戦争という衝撃的なストーリーで、世界中の反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ。その『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(11年)、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(14年)に続く最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の、猿と人類の人間性をかけた“聖戦記(グレート・ウォー)”のはじまりを予感させる予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編

本作は、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える作品。解禁となった予告編は「ずっと探していた。あなたがシーザーですね」と、一人の兵士がシーザーに尋ねている場面からスタート。

ついでシーザーの「我々はケダモノではない。生きるために戦う」という言葉が流れ、さらに「私は平和を求め、人類に慈悲を与えた。だが、人類の答えは違った。戦う覚悟は出来ている」という力強い決意が語られていく。

本作について、シリーズを通してシーザーを演じ続けるアンディ・サーキスは「シーザーは前2作よりもずっと深くて痛ましい感情的な極まりを見せる。彼がどこまでも自分を追い込む姿を見て驚いた」と懐述している。はたして、どんな展開が待ち受けているのか?

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月13日より公開となる。