コロンビア代表FWがハメスの移籍示唆 「彼のために最良の決断を下すことを願う」

写真拡大

ファルカオが同胞10番の去就に言及

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、今夏の移籍市場でACミランなどからオファーを受け去就が注目されている存在だが、意外なところから移籍を示唆する言葉が届いた。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 ハメスの去就に言及しているのは、同じコロンビア代表のFWラダメル・ファルカオだ。長らく負傷に悩まされていたが、今季はモナコで復活。18歳の新鋭FWキリアン・ムバッペとともに、チームのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝進出に大きく貢献した。

 そのファルカオは、1年後のワールドカップに向けてコロンビア代表でも主力に返り咲いている。そして、同様に攻撃を司るハメスについてこう語った。

「彼とコロンビアのために、私はすべての当事者が最良の決断を下すことを願う。そして、それが彼の幸せになる」

ミラン、インテル、マンUが獲得に動くが…

 ハメスはジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を置かれていない状況にあるが、レアル残留ではなく出場機会を十分に得られるチームに移籍する考えだとし、その移籍先が重要であるとファルカオは語ったとしている。そして、それがコロンビア代表にとっても重要な要素になるとした。

 現在のところ、ミランのほかに同じイタリアではインテル、またプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出しているとされるハメスだが、その新天地選びはコロンビア代表の同僚にとっても関心事になっている模様だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images