クリスティアーノ・ロナウド、子供のためコンフェデ3位決定戦は出場せず

写真拡大

先日、コンフェデレーションズカップ準決勝でチリと対戦し、PK戦の末に敗退することになったポルトガル代表。

土曜日にドイツ対メキシコの試合で敗れた方との三位決定戦に臨む予定となっているが、そこにクリスティアーノ・ロナウドの姿はないようだ。

ポルトガルサッカー連盟は、彼が三位決定戦に出場しないことを声明で発表している。

ポルトガルサッカー連盟

「クリスティアーノが父親になったことはコンフェデレーションズカップ前に伝えられた。

彼は子供が誕生したにもかかわらず代表に留まってくれた。それは強調して称賛しなければならない態度であった。

すでにコンフェデレーションズカップの優勝は不可能であるため、子どもたちと会えるよう彼を解放しなければならない」

なお、クリスティアーノ・ロナウド自身もFacebookで以下のように投稿し、ポルトガルサッカー連盟に感謝を述べている。

クリスティアーノ・ロナウド

「僕は二人の子供が生まれたにもかかわらず、常に体と魂を代表チームの戦いに捧げてきた。

残念ながら、我々は望んでいた目標を達成することが出来なかったが、ポルトガルの人々に喜びを与え続けられるだろうと確信している。

連盟の会長と監督の心遣いは忘れない。子どもと初めて対面できることが本当に嬉しい」

ロナウドは8日に双子が誕生したと伝えられており、現在は代理母のもとで育てられているとのこと。