女性だけでなく、彼女の娘にも訊ねた男性(画像は『How He Asked 2017年6月17日付Facebook』のスクリーンショット)

写真拡大

付き合い始めた女性に子供がいることを知っており、彼女のシングルマザーとしての頑張りにも心惹かれた男性。このほどその男性が、最高にロマンチックなプロポーズを恋人とその娘にしたことが米『ABC News』や『Inside Edition』『Today Show on NBC』など複数メディアで伝えられた。

米ミズーリ州セントルイスに住んでいたグラント・トリベットさん(29歳)は、Facebookから共通の知人を通してインディアナ州ウェストフィールドに暮らすカッサンドラ・レスチャーさん(26歳)と出会った。

グラントさんはカッサンドラさんがシングルマザーで5歳になる娘エイドリアーナちゃんを育てていることを知り、7か月間の交際を深める中でカッサンドラさんとの再婚をまずはエイドリアーナちゃんに認めてもらいたいという気持ちを強く持ち続けていた。

5月27日、グラントさんはカッサンドラさんとエイドリアーナちゃんに「朝食に連れて行きたいから精一杯おめかしして」とお願いした。実はグラントさん、カッサンドラさんの友人である写真家のマンディ・ジリランドさんにある計画をあらかじめ伝えていた。

ウェストフィールドのレストラン「Cracker Barrel」に行く途中、カッサンドラさんはいつもと違う様子のグラントさんを見て「何か隠している」と気付いた。グラントさんが何をサプライズするにしても、混んでいるレストランの中では止めてほしいという気持ちがカッサンドラさんにはあった。

そんな恋人の気持ちなど十分理解していたのだろう、グラントさんは朝食を終えた後カッサンドラさんとエイドリアーナちゃんを乗せて車でフィッシャーズにある「Ritchey Woods Nature Preserve(リッチー・ウッズ自然保護区)」に連れて行った。

少し歩くと木の橋があり、グラントさんはそこで突然跪いた。そしてカメラを手に隠れて3人を待っていたマンディさんも姿を現し、カッサンドラさんはサプライズに思わず固まってしまったそうだ。

グラントさんはカッサンドラさんにプロポーズし、指輪を贈った。カッサンドラさんから「イエス」という返事をもらうと、グラントさんは次にエイドリアーナちゃんの前でも跪いた。そして「君のパパになってもいいかい? 僕は君とママの2人を生涯かけて愛し守っていくことを約束するよ」と伝え、ハート型のネックレスが入ったジュエリー箱を開けてエイドリアーナちゃんに見せた。

エイドリアーナちゃんは「イエス」の代わりに「ありがとう!」とグラントさんに言い、「ママ、やっと私にパパができたよ!」と歓喜のあまり叫んだという。その様子がマンディさんのカメラに捉えられ、Facebookのアカウント「How He Asked」に投稿されるとたちまち拡散した。

感動的でロマンチックなプロポーズを受けたカッサンドラさんは、その喜びをこのように語っている。

「グラントが娘の前で跪いてくれた時、私は震えて大声で泣いてしまいました。マンディも泣いていました。彼が娘にしてくれたことは、私にとって本当に大切な意味を持つことだったのです。娘はずっと父親を欲しがっていたし、私もエイドリアーナが小さな頃から、いつか私と同じぐらい娘を愛してくれる人と出会えたらと願っていたので、長い間の夢が叶って本当に嬉しく思いました。プロポーズの瞬間はまるでおとぎ話の世界のようでした。グラントはとても思いやりがあり、私たちのことをいろんな面で支えてくれています。きっと娘のいいお手本になってくれるでしょう。」

マンディさんのInstagramにも、エイドリアーナちゃんがカメラに向かってポーズを撮っている後ろで、グラントさんとカッサンドラさんがキスをしている写真が投稿されており、愛くるしいエイドリアーナちゃんの姿もさることながら最高にロマンチックな2人の様子が垣間見える。