山寺宏一が声を担当! (C)空知英秋/集英社
(C)2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 小栗旬主演、福田雄一の監督・脚本で空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂」に、人気声優の山寺宏一が参加していることが明らかになった。アニメ版と同じく吉田松陽の声を担当し、主人公・坂田銀時らに大きな影響を及ぼす物語のキーパーソンを演じている。

 累計発行部数5100万部を突破した同名漫画を実写化。宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時(小栗)が、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らとともに、身の回りで起こる様々な事件に挑むさまを、時にコミカル、時にドラマティックに描いている。

 そのなかで松陽は、銀時、桂小太郎(岡田将生)、高杉晋助(堂本剛)の師であり、「松下村塾」にて武士道を教えていた。理不尽な事件により松陽は処罰され、空白を埋めるように激しい攘夷戦争に身を投じる銀時たち。そして松陽を失ったことを機に、銀時らは道を違え、かつての盟友たちはそれぞれの“侍魂”と“師への思い”を胸にぶつかり合っていく。

 「銀魂」は、7月14日から全国で公開。