雑誌などで見かけて「いいな!」と思った服の写真や、アニメでキャラクターが来ている衣装を読み込めば、人工知能が似たような洋服を探し出してくれて候補を表示してくれるアプリが「PASHALY」です。

PASHALY

https://pashaly.com/

アプリは「App Store」と「Google Play」からインストール可能となっており、今回はAndroid版のアプリを使ってみました。まずは「インストール」をタップ。



「開く」をタップすると……



アプリが起動。最初に使い方が表示されるので、実際にアプリを使用していくには画面右上の「閉じる」をタップします。



使用する画像はスマートフォンのカメラを起動して実際に撮影する方法と、スマートフォンに保存されている画像をアップロードする方法があります。今回は「写真を撮る」を選択しました。



初回は「PAHALYに端末内の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可しますか?」と聞かれるので、「許可」をタップしましょう。



ということで、雑誌を用意。



カメラが起動するので気になるコーディネートを撮影。



青いチェックボタンをタップします。



「これが欲しい!」を押すと……



人工知能が画像を解析し、画像に写っているアイテムを「帽子」「トップス」「アウター」「ワンピース・セット」「バッグ」「スカート」「パンツ」「もしかして」というカテゴリにわけて提示してくれました。「トップス」を選択。



すると、インターネット上の通販サイトなどで取り扱われている似たようなトップスの画像を表示してくれました。「これはちょっと違うかも……」というアイテムもありましたが……



形や色が近いものもいくつか並んでいました。一覧には価格も表示されるので、お財布と相談しながら欲しいアイテムを探せます。



気になるアイテムをタップすると……



ブラウザが開き、外部のショッピングサイトが開く仕組み。



画面上部のタブをタップ、あるいは画面をスワイプすると、最初に提示された他のカテゴリを見ていけます。「パンツ」は元画像とかなり近い白いパンツが多数候補として表示されました。



トップスとパンツというコーディネートでしたが、「ワンピース・セット」という可能性も考えられていた様子。



バッグや……



アウター



帽子など、一度の撮影でフルコーディネートをまとめて検索できるのは便利です。



他の画像でも試してみます。青と水色のボーダーのワンピースを探してみると……



「これはちょっと違う……!」という選択肢が並びました。



また、黄色いワンピースを撮影してみると……



「それって白雪姫じゃない?」というアンサーになり、「言いたいことはわかるけど、違うんだ……」という気分に。



続いて、ボーダーのシャツに紺色のワイドパンツを撮影。



すると、今回はかなり近い選択肢となりました。



ただし、実際に外部のショッピングサイトに飛んでみると、ページが既になくなっていたり、売り切れだったりすることも。



ボーダーのタンクトップなど、形や色だけでなく、柄もちゃんと認識してくれていることがわかります。



一方で、襟の形が特徴的なワンピースを撮影してみたところ……



イメージと違うものが表示されました。何度か試してみたところ、大まかなデザインや色、柄などの意向は読み取ってくれるのですが、細かなディテールまでは人工知能には判別できないようでした。



また、女性用だけではなく、男性用のファッション画像でもOK。この男性の写真からは……



「青いポロシャツが欲しいんだな?」と読み取ってくれました。



また、服だけでなく、靴や時計など、小物類も検索してきてくれます。





画像だけでなく、実際に編集部員の写真を撮影してみたところ、コーディネートの内容を読み取ってくれました。



トップスの一覧はこんな感じで……



これがパンツ一覧。



ちなみに、実写の画像だけでなくアニメのイラストにも対応しており、「ユーリ!!! on ICE」の勝生勇利のイラストを撮影してみたところ……



ちゃんとコーディネートを解析し、「トップス」「アウター」「パンツ」「シューズ」「ブーツ」といったカテゴリを表示してくれました。



アイテム一覧はこんな感じで、割と一致度が高いように見えました。「このキャラクターは現実ではこんなジャケットを着ているのかも……」という妄想を膨らませるのにも役立ちそうです。